単体完結タイプで、コンパクトさを求めないならば…
オーケストラ(管弦楽)のリハーサル録音や本番録音(内蔵マイクやホールの3点吊りからもらう形など)、
レッスン録音などの用途で、
R-05(Roland)とSX813(Sony/NCヘッドフォン使えて便利)を中心に使っていますが(過去にはSonyのHi-MDやZoomのH2なども使用)、
更なる高音質を求めて「(外部マイク選択の自由度のある)ファンタム電源対応、
かつマイク内蔵で普段も気軽に使える機種」ということでR-26を選びました(併用予定)。


[デザイン&操作性]
少々古臭い雰囲気のモノクロ(バックライト付)液晶だったり、
見た目、
質感よりも実用性重視の方向性…本体は結構、
大きく感じますが、
その分、
液晶も大きくタッチパネルなので、
操作性は抜群。
ただ液晶に触るとすぐ反応するので、
移動時などHoldにするのを忘れないように注意が必要だと思います。
一方、
適切な入力レベルを測定してくれるSensボタンはとても便利、
R-05の時はRehearsalボタン(Sensボタン相当)で自動設定されてしまいましたが、
R-26は最終設定を自分で行う形なので安心感があります。
個人的には、
タッチノイズ対策や高い場所での録音のためにリモコン欲しかったかも…(音とは直接関係無いので、
それ程重視しませんが…)

[音質&マイク]
無指向性マイクと単一指向性マイク(X-Yタイプ)の4つのマイクを内蔵(同時録音可)していて、
それぞれの良いとこ取り(X-Yの定位のシャープさ、
無指向性の低域の充実感など)で高音質録音を目指すタイプ。
4ch同時録音してみると、
Omniのみ、
X-Yのみ、
ミックス、
結構、
違う音になっていますが、
個々のマイクのみでも十分使えるレベル、
ミックスも音の濁り、
タイミング他、
不自然と感じることはなく好印象です。
内蔵4マイク録音は、
2マイクずつのステレオ2ファイル作成も、
初めから1つのミックスファイル作成も可能。
ミックスのときは、
XY重視(指向性)かOMNI(無指向性)重視か、
本体で簡単にバランス設定できます(勿論、
付属ソフトで後からミックスもok)。
Roland ローランド ポータブルレコーダー R-26

その他の感想

丈夫で使い勝手が良い
古くなったから
操作が簡単で安心できますが、消費電流には注意です
ブロックチェーンが金融業界に与える影響を分かりやすく解説した良書
心穏やかになれます
安価だが基本部分はチャンとしている良品
ボトルの青色がきれいです
3面クリアが良い
ちょっと出かけるように
これから始めようという初心者にはぴったり
小さめ、つまさき部分の紐がゴロゴロする
最高峰のマウス&充実のサポート!
オリジナルと同じ、白色のDVDケースにこだわっちゃうと…
バドミントン用に購入しました
とにかく写真が綺麗
読者の目的次第では有効な本です
ワンカットシーンは楽しめます。
手動も可
プロ向けの教科書。素人にはパン作りの 「芸術書」
MDR-DS7100からの買い替えの方は注意
造りは悪くないが、型が今ひとつ
一石二鳥です!
泥汚れが落ちやすい。
文系学生に是非!
メモを取り出したら止まらない
丈夫で十分な収納力
何で今さらラジオと思うが実は奥が深い
江戸の情緒あふれる小説集
動物に少しでも関わりのある人に読んでほしい本です
秀作♪
戻る