感情論に左右されない、冷静な論理によるエネルギー政策の提案
現在、
新しいエネルギー政策について決めるべくパブリック・コメントを実施中である。
(2012年8月12日午後6時まで)
しかし、
メディアや世論は、
我が国のエネルギー政策を「脱原発」か「原発推進」かの二元論で報じられている。

今回のパブリック・コメントについての関心も、
上記の観点を中心にメディアは報じているようである。

先月のNHKにおける3つのシナリオ提案者と有識者との議論でも、
同じようにこの二元論的な観点による討論であった、
と記憶している。

そして、
その番組に出演していた、
脱原発派の精神科医は、
原発を容認する人を「治らない人」というように、
レッテル貼りを行い、
政策論議ではない、
倫理観、
或いは、
イデオロギー上の問題として語られるようになってしまった。

このように、
エネルギー政策全体についての議論に向かわず、
二元論的な議論に終始することは、
極めて不毛な議論だ、
と著者は断ずる。

また、
電力力問題のキーワードは、
「多様化」である、
という。

この著者の見解に、
私は、
賛同する。

今こそ、
冷静な論理による議論が必要なのである。

そのため、
我が国のエネルギー政策の問題点、
「環境先進国」と称賛される欧州のエネルギー政策などについて、
的確な情報を本所は、
提供してくれている。

そして、
エネルギー政策のベストミックスとは、
どんな内容か、
を提案している。

特に、
本書後半の電力自由化の空論と誤解、
「東日本卸電力」という発想の転換については、
震災後、
活発になった自由化論者、
「原子力ムラ」という
利権構造解体論者には、
とても異論があり、
論争を呼ぶであろう(そう願いたい。
)。

とにかく、
著者が「原子力発電の一定の維持」を選択すべき、
と述べていることに、
極めて感情的に反応してはならない、
と思う。
著者は、
決して、
再生可能エネルギーについて否定しているわけではないのである。

著者が述べているように、
「エネルギー源は多様化させる」(「ひとつのバスケットに全ての卵を入れてはいけない。
」)ことが、
エネルギー政策の要諦なのであろう。

本書の内容を元に、
我が国のエネルギー政策全体についての国民的な議論が起きることを願ってやまない。
精神論ぬきの電力入門 (新潮新書)

その他の感想

ブラック好きなら満足!
災厄
Xanax 硬式竹バット BHB-1672 野球 トレーニングバット オレンジ×ブラック
履き心地に大満足
縫製もしっかりしていて問題なし。この価格でこの品質なら納得です。
ちょっとずつですが進化しています
大人が読んでも気付きが得られる良書
どうでしょう。
ケースによっては差せません。
ポジティブ心理学の話
取り付け後1日で充電不可に
2週間ほど使ってみました
負けた事があります。
性能抜群!
直接匂いを嗅いではいけない
この価格ならお買い得
ややマーキングが多い
3D好きの方には好著かも知れませんが…。
デスゲームはどこかにいった
非常に光沢感に優れる
原発の問題は結局、民主主義の成熟度の問題なのだと気付く
女心は1000年前も1000年後も同じ♪
安い!なかなかない値段
付けて安心
初めてのAAA.
急ぎにも迅速に対応いただきました。
出品者には内容をもっと詳細に書いて欲しい。
「本当の辛さ」を求めるならコレ
わたしには多すぎでした
ガンプラ史上最も幸福なキット
戻る