凡庸さが「悪」となる時
これは「イェルサレムのアイヒマン」についての本ではない。

「悪」についての本である。


特定の時代、
特定の政権下、
特定の歴史背景の中で起きた事件を取り上げてはいるが、

実は、
そういった時代に生きた、

「アイヒマン」という名の人間が体現した、
普遍的な「悪」についての本なのだ。


もちろん、
国家社会主義労働者党、
ヒトラー政権下での戦時犯罪行為に関わることなので、

ある程度の予備知識があるとより深く読むことはできるが、

逆に「ナチス」「ホロコースト」「イスラエルによる追及」などに気を取られ過ぎると、

この本の真の意味は見えてこない。

もちろん、
そういった一次史料としても充分価値はあるのだが、

「ナチスのアイヒマン」の事を書いた本だと思い込まない方が良い。


では、
この本に書かれたうち、
真におそるべきことは何か。


今、
あなたの身近にこんな人がいる。
あなた自身であるかもしれない。


社会的に有能で、
職務のために力を尽くし、
それを楽しみ、

仕事の成果に責任と自信を持つ。


なんら欠点ではない。

むしろ賞賛され、
おそらく現代のどの文化にあっても、
立派な社会人と見なされるだろう。

これができてこそ一人前、
とも言われているようだ。


アイヒマンにとって、
その仕事が「ユダヤ人問題」だったというだけのことだ。


自分の仕事に誇りを持ち、
能力を信じ、
上司や部下と協力し、
全力で職務に励む。

自他共に認める「ユダヤ人問題のスペシャリスト」が、
アイヒマンだった。


そのことに戦慄する。


「ホロコースト」の邪悪さについてはいまさら言うまい。

同じ人間を、
民族や文化や思想、
あるいは性的指向が異なる、
肉体的精神的障碍がある、

というだけで、
隔離し酷使し、
人体実験の対象にし、

「使えない」ものは壊れた道具のように「処理」する。

「悪」の一つであろう。

「ドイツ第三帝国」が降服した後、
明らかにされた絶滅収容所の様子を見れば、
イェルサレムのアイヒマン――悪の陳腐さについての報告

その他の感想

リヒトノートのまとめ用として重宝しています!ずっとリピートしています!
スーパーサイズの新規造形バシャーモ格好いい
えい文庫から選出
色がきれいです。
すごくいいけど、はずかしい
2ハンドル式から交換
役者の個性が爆発
だしは国産昆布で最高
長い物が欲しかったので
この本でいい音楽に出会えた
ダウンジャケット拭き洗いしました。
強いサポート力で足がむくまない快適さを重視する方にはとてもいいと思います
出来はまぁまぁ
小回りがきく
柔らかくて優しい・溝がついていて折り込みやすい
イオンスマホ
話題
絵柄は内側のみ。
ケイブ社の新機軸と成り得るADVゲーム
外付けハードディスク録画はできません。
かなり喜びました。
I recommend to read this book
安くて強度もあります
マンガの入門書、と流すなかれ!面白いし、コシがあるし、使えます。
アジャスト付きで無いのを探しておりました。
陸上競技について
スリムフィット旋風
ホコリシャッター+明かりなしスイッチ
鳥山先生に感謝
読みやすい おすすめ
戻る