Spend The Night(Teddy Riley Remix)だけでも満足
こんな事を言うと、
アルバムの出来が不満かのような書き方ですみません(笑)
デイヴ・ホリスターといえば、
K-Ci&Jojoのいとこであり、
ブラックストリートのメンバーでもありますが
一時期メンバーから脱退をしその後ソロ活動をしていましたが、
この10年は再びブラックストリートのメンバーに復帰して
アメリカではライブにも参加しているようで、
メンバーがころころ替わるグループの中にあって
この人がブラックストリートの看板ヴォーカリストとして活動してくれるとやはり落ち着くんですよね。


一方メンバーの中ではソロとしてもきちんと成果を出している人でもありますが
久々のソロアルバムはR&Bアルバムで、
ここ数年はゴスペルアルバムだったことや
多少マンネリ化していたこともあり自分は敬遠しがちでしたが
今回は個人的にはThings In The Game Done Changed(2002年)以来のお気に入りとなりました。

デイヴ自身90年代に帰ろうというテーマの元制作をした今作ですがまず先行シングルだった(1)Spend The Nightが懐かしい
2002年のアルバムに収録されているWhat Should I Sayと似た曲です。

その他の曲も意外とというと失礼ですが、
充実しており、
90年代とはいうものの、
どちらかというと
80年代っぽい曲もあり、
例えば、
(7)や(10)がそうで、
デイヴにしては珍しいアッパー(気味)なナンバーがあったりします。

ピアノをバックに情緒豊かに歌い上げるタイトル曲の(6)とソロデビューから15年経ってもデイヴの声、
曲調はまるで
時が止まったかのように変わっていないのが何とも嬉しい限りです。
デイヴのアルバムはデビュー時から作風が一貫していますが
これを単に「地味」と解釈するか、
男の「渋み」ととらえるかで評価は変わるでしょうが、
個人的には後者と考えます。

その点では相変わらずいい味を醸し出していますこの人は。


そしてこのアルバムの目玉は何と言っても最後の(11)です。
(1)のリミックスをテディ・ライリーが行ったのですが
(テディでSpend The
Chicago Winds the Saga Continues

その他の感想

フルフェイスで、4台までの通話が必要な人、お勧め。
期待していたとおりだった
相変わらず脱力しています
ロブロブ
シャイニングシリーズの中では過去最高、だった
サイコド、暗黒星雲、ボイト・マルゴル、全ての誕生の経緯が、今、明らかに!
続編とは思わないほうがいいかも
運と戦略のバランスがとれています
ちっさ!
認識について
生きたまま毛皮を剥がされることがほとんど。
素材は最高、しかしマッチングが全てを台無しに…
奥深い事柄を分かり易く解き進める貴重な書籍
女型の巨人との壮絶な戦いの幕開け
NEX使いでEFレンズが手元にあるなら買って損なし!!!
手のひらサイズなのに温かい!
僕の玉手箱屋はやめたほうがいい
侘び寂び 幽玄が分からなくなっている現代へ示される良書
理解しやすく読みやすい
初回特典の封入について2016年10月現在
ホルン奏者限定(あたりまえか)
キヤノン製fax電話に使えました
なんでも知ってる藤本さん♪
掃除の前に
コンセントがあればどこでもインターネット。
あまり効果を感じませんでした
おなじみの歌の絵本です。
夏にはちょうどいいです。
この味はマズイですね…
モモタロスフルボトルと組み合わせる為に購入
戻る