第一印象 とてもカラフル
LPレコードのジャケットの面積の箱にCDが20枚ずつ4組に分かれて積み重ねてある。
このままでは不便なので別の入れ物に入れなおす必要があるが、
入れなおしたところ背表紙の印刷の色が一枚毎にまるで虹色のようにわずかずつ変化している。
CDのレーベル面もジャケットと同じ色で同じように一枚一枚わずかずつ異なっていて80枚という大規模セットにもかかわらずレーベル面の印刷色でどこらあたりのCDかちゃんと分かるように工夫されている。
オリジナルジャケット仕様ではないが、
それぞれのジャケットには異なるバーンスタインの写真があしらってあり充分である。


100人以上の作曲者の作品を300以上収録とのことであるが、
実に多彩な音楽が楽しめる。
バーンスタインの自作自演も5枚含まれる。

昔、
CBSソニーのレコードの音はDGやDECCAロンドンと比べてやや硬いという印象を持っていたが、
何枚か聴くかぎりではそんなことは微塵も感じさせない音である。
リマスターの効果だろうか。


70年代に学生時代を過ごした頃は、
「レコード芸術」誌などを参考にそれぞれの曲のベスト盤と思われるレコードを月に数枚ずつ買っていたが、
主に廉価盤の中から選ぼうとしていたから、
当時レギュラー盤しかなかったバーンスタイン/ニューヨーク・フィルのレコードはそもそも候補に入らないということが多くなり、
結局私のレコード及びCDコレクションにおいてはバーンスタイン/ニューヨーク・フィルのものはなかなか増えないままだった。
しかもクラシック音楽を聴き始めた頃は主に交響曲の分野から入ったので、
交響曲のレコードが増え、
バーンスタイン/ニューヨーク・フィルの管弦楽曲・協奏曲のレコードはほとんどコレクションにはなかった。


そういう訳で私にとって今回発売されたバーンスタイン/ニューヨーク・フィルの管弦楽曲・協奏曲のCD80枚組セットは、
かつての昔、
気にはなっていたけれど購入までは至らなかった音源のオンパレード。
しかも交響曲は入っていないので、
「カラヤン60」や「カラヤン70」みたいなダブりの被害も少ない。
(「カラヤン80」はあまりのダブリの多さに購入を見送り) これから数か月じっくり楽しもうと思う。
Leonard Bernstein Edition

その他の感想

高いけどしょうがない
匂いなし
美味しくない・・・
いい〜!
近頃こればかり使ってます
外出中も安心!
少々薄い気がします
シンプルで綺麗
段差に注意が必要です。
さりげない配慮もあり。
使いかっては…?   孫のために使用すこし難しかったかな
買い物好き!
かなり必要かも
余韻の残る読書
クウォンタム
残忍で欲望渦巻き過ぎだけど心温まるドラマ
Panasonic DVD-S700
綿にこだわる人にはいい!
言う程悪くない
コスパが良いです
ガセネタという社会的な情報の視点とコンピュータという工学的な視点
日本語漢字1
文句は有りません
即対応ありがとうございました。
こんなにご飯が美味しいとは久しぶり感動しました
想像以上のフィット感
ストレージについて体系的に学ぶにはこの一冊!!
パロディネタが滑る感じで冷める。
ふたや受け皿もつけて欲しい
発売日が楽しみだった曲
戻る