先立って判断し、たしなみを点検する
母、
祖母を立てて、
自分にいたるまでの振舞いの基礎を肯定しています。


二種類のアフォリズム集です。


一つは、
何を生き方の目的とするか、
というルール、
規範に関すること。


一つは、
好みを形成するセンス、
感性の上の基準に関すること。


書く行為は断言と同等であり、
すでに判断は下されています。


納得するところまで考え抜くというスタイルはすでに四十歳前までに定まっていたものと見受けられます。


もう一つ、
信仰、
神様に関する言葉が面白かったです。


以上が概形です。


この作品は1948年出版であるといいます。
作中に、
小林秀雄氏の「オリムピア」が引用されています。
それが祈り、
について説く枕となっています。


1980年代前半、
小林氏存命中には、
小林氏に関する白洲氏の言及が取りざたされることは研究者の間でも少なかったと思います。
そもそも両者の間の会話等は懐旧談の中でしか知られることがなく、
そんな領域まで気を回すことが読者に可能であるわけはありませんでした。


1990年代にいたって、
小林氏晩年の『本居宣長』以降の論説に対して、
白洲氏の立場から述べた感想が、
特殊な意味を持ってきました。
そんなことを思い出しました。
たしなみについて

その他の感想

日本とフットサルを、こよなく愛してくれている監督の本
プリンタ側で認識されず
こんなもんなのかな?
iPhoneでは本当に超簡単でした
期待してたよりも
まさかのタイトルダジャレ・・・
実践できるかが肝
1本じゃ足りない
魔法の祭典が始まる。――――魔法科高校の劣等生、第二章が開幕!
部品ですから…
厚みがちょうどいい。
まだら?
もう少し軽ければ星5
ちいさいこでもたのしめます!
天然酵母でちゃんとパンは膨らんだ!
期待はずれ。1歳の息子には通常タイプとかわらない
廊下に設置
よく見て欲しいですね
ご飯が美味しくなります
72円で購入!
値段相当だと思います。
データとして貴重、読み物としては冗長
値段と性能のバランスが絶妙かと…
多少乾きが遅いことが決め手
カバー+フリーク付き
興味のある人には癒し本です。
買い手良し、世間良し、売り手良しの三方良しが
昔から欲しかった。
6歳の息子が 完成させました!
おおうけ!面白い
戻る