消費者は正しい知識を身につけて薬を選ばなければいけない
この本は、
書名は「薬局で買うべき薬、
買ってはいけない薬」となっていますが、
巷で氾濫している「○○の商品は危険だから買ってはいけない」系の煽り本ではありません。

街の薬局(ドラッグストア)では、
例えば単に風邪薬と言われるものでも数多くの種類があり、
それを買うとき、
大体の消費者は、
CMや宣伝文句などの情報から「なんとなくこれかな」という意識で選ぶと思います。
しかし、
それではよい選択をしたとはいえないのです。

体質は人それぞれであり、
また症状も人それぞれなのに、
イメージ操作されたCMに踊らされて外したものを買ってしまっては効果半減です。

この本は、
同じ系統の薬のそれぞれの特性を解説し、
より症状に効果的なものはどれに当たるかをアドバイスしています。
また、
薬に限らず、
シャンプーや洗剤などの生活日用品についても解説されています。

また、
他にも、
スキンケアの基本的な心がけなど、
わかっているんだけど、
よく考えたら当たり前な事柄なんだけど、
ということに気づかされることが書かれていて、
普段、
私たちはどれだけ仕掛けられた情報に踊らされているか知ることが出来ます。

普通の人にとって専門的なことは難しいからと放棄するのではなく、
自分や家族の体の為なのだから、
少しでも正しい知識を身につける努力は必要だと思います。
この本は、
そんな人にわかりやすく伝えてくれているのでオススメします。


内容は申し分なく良いのですが、
本書で使われているカラーの黄色がまぶしくて目にやさしくないので★を一つ減らさせていただきました。
薬局で買うべき薬、買ってはいけない薬 よく効く! 得する! 市販薬早わかりガイド

その他の感想

標高ごとの色分けがとてもいい
携帯性はピカイチ!でも、少し割高感あります
安すぎて申し訳ない
主人公だからね~
初心者向けのわかりやすい本
買って良かったかな。
上手いですよ
ちんちくりん
味的には凄く好き
噴飯もの
江戸初期の庶民経済を面白く語った逸品
very good!!!i like it!!!very good!!!i like it!!!
お手軽エスプレッソとして
続きが気になる。
素晴らしきマニアックな銃たち
この値段で!!
液晶が綺麗です。
イラストがとてもいいです
450Wでも暖か過ぎるぐらいです
足首が安定する
シャッターがいつ切られているのか分かりにくい
すべての人におくられた素敵なメッセージ!
しっかりした作りの延長コード
厚みがすごいです。
ネジが落ちました。
デザインは気に入りましたが、
セミカジュアルシューズ
どう畳めばいいの?(汗)
デザイン良
戻る