姦淫を表す緋文字を、一生、胸に着けることを強いられた女
『緋文字』(ナサニエル・ホーソーン著、
鈴木重吉訳、
新潮文庫)は、
2世紀前のある夏の朝、
アメリカの当時は田舎町であったボストンの監獄前の草地での無惨な光景から始まる。


牢獄から教区吏という名の獄吏に連れ出された若い女が生まれて三月くらいの幼児を抱いて、
群衆の前に姿を現す。
「ガウンの胸には上等の赤い布に、
金糸で手のこんだ刺繍と風変りな飾りをまわりにつけ、
その上にAの文字が現れていた。
・・・若い女は長身で、
大柄なこの上なく優雅な容姿だった。
黒いふさふさした髪にはつやがあって日光を反射し、
顔は整って美しい容色であるばかりでなく、
目立っている額と真黒な眼に特有な強い印象を与えるものをもっていた。
・・・ヘスタ・プリンが監獄から出てきたときほど、
古風な意味で淑女らしく見えたことはなかった」。


このヘスタ・プリンという名の人妻は、
当時のピュリタニズムの厳しい戒律に背いて姦淫し、
私生児を産んだという罪で、
午後1時まで、
晒し台の上で晒し者にされたのである。
そして、
胸の緋文字のAはadultery(姦淫)の頭文字で、
罪の象徴であり、
死ぬまでその恥辱の印を身に着けていなければならなかったのである。


この教区を担当する人望ある若き牧師、
アーサ・ディムズデイルが、
知事と年長の牧師に命じられ、
ヘスタに幼児の父の名を明かすよう説得するという気の進まぬ役を務める。
男の名を明かし、
悔い改めれば緋文字を外すことが許されるというのに、
彼女はその名を言うことを頑として拒絶する。


ヘスタの夫であった年老いた執念深い医者が登場したりするが、
ヘスタは独りで女児を育てながら、
「世間と争わず、
不平も言わずに最悪の待遇に従っていた。
自分が苦しんだことの償いとして何を求めるでもなく、
同情を強いることもしなかった。
それからまた、
汚名をうけて世間から遠ざけられてきた年月の潔白清浄な生活が、
大いに世間の好意をひくもとになっていた」。


このようにして7年が経過した時点で、
物語は思いがけない大転回を見せる。
何ということか、
彼女が今でも烈しい愛情を抱いている人が、
突然、
彼女の罪深い相手は自分だったと、
群衆の前で告白してしまうのだ。
緋文字 (新潮文庫)

その他の感想

60Lザックで横にウレタンマットを装着していても余裕の大きさ
これぞアメリカTVドラマの底力。脚本も役者のアンサンブルも見事です。
シンプルデザイン
弾けそうな気にさせてくれる
お得に買えた
かゆいところに手が届く一冊 
定助は出てきません(笑)
ホワイトのレンズにも合います!
※辞書です。
☆は特典コードに対しての評価です
バランスよく、緻密な音
概ね気に入りましたが・・・
カラーで解かりやすいけど
守ってくれます!
変形させて利用する必要があるかもしれません
つばが横に広くてとてもよい
店頭で中身を確認してから購入しなかったことを後悔した。
書き味は良かったですよ
買って損はない好キット!
ウイルス性イボ(ミルメシア)治療に
のめた
反省しながら読んでます
半信半疑で購入した結果
汚れた靴を平気で売りつけるカスショップ
本当に初心者限定だと思います
これでもかと言うぐらい、娘がキュアホイップになりきります!(笑)
8ヶ月の子供のために購入
テニエルの絵に色塗り
サクラ、サクラ
自分には合わなかった。
戻る