楽曲についてあれこれと
初回限定盤のレビューにおいては概要やヴォーカリストとしての安倍なつみ(なっち)の評価について書いたが、
ここでは楽曲につ
いてあれこれ書いてみたいと思う。


『Stand Alone』はサラ・ブライトマンがヴォカリーズで歌い、
ソプラノ歌手の森麻季が日本語詞で歌い話題となった楽曲で、
軽やか
かつ流麗なサラ、
声楽家らしく折り目正しいキリリとした歌唱の森さんがそれぞれ魅力を出していたが、
なっちはサラと森さんの中間
のような感じで、
きっちりしながらもなっち独特の滑らかさ、
しなやかさがよく出ていて耳当たりがよい。
『カーネーション』はNHK連続テ
レビ小説『カーネーション』の主題歌で、
なっちが尊敬するアーティスト椎名林檎の作品で、
上品なストリングスによるワルツにアレンジ
されている。
林檎本人の歌唱はレトロな雰囲気を出しつつ時に激しさや粘っこさも出てくるお馴染みの「林檎節」だったが、
なっちバー
ジョンはやはりしなやかで優しく、
ワルツを踊るかのような軽やかさが心地よい。
アイルランド民謡『 サリー・ガーデン~風と少女~』の
子守唄のような温もり、
イングランド民謡『グリーンスリーヴス~永遠~』の透明感。
『オン・マイ・オウン』は「本田美奈子.メモリアルコン
サート」でなっちが歌った楽曲で、
このアルバムが制作されるきっかけともなった曲。
本田美奈子.さんはこの曲を炎のような熱情ある
歌唱で歌い上げていたが、
なっちはどこか青白い月の光のような冷涼感がある、
しかし芯の通った歌唱を披露している。
『夢やぶれて』も
やはり本田さんの持ち歌で、
MVに収録されているが、
うねるような起伏ある表現が聴き応えあり。
感情移入したのか、
目を涙で潤ませ
ながら切々と歌うなっちが感動的だ。


そしてこのアルバムの白眉といっていいのが『この祈り~ザ・プレイヤー~』である。
二期会所属のテノール歌手望月哲也氏とのデュエッ
ト。
望月氏の懐深いリリック・テノールの美声に伍して、
なっちも豊富な舞台経験で培った可憐なソプラノを披露、
高音域でも力感のある
光へ -classical & crossover-【通常盤】

その他の感想

悪魔だが人間味のあるデヴィエラが魅力的
フリーズ地獄
リピ続けてます
圧巻!そして特典映像に満足
こんなに小さいのに。。。
狭い所にも雑巾が入るので重宝しています
死は平等でたまたま
シンプルだが使える、交渉の戦略的定石。
ますますフィレンツェに行きたくなりました
BTOパソコン Windows8.1で認識しました。
ちょっとめんどくさい
全く違う物です。
静電気が
まぁ必要ですよね
写真よりも良い。
本物の音楽の本
登録は簡単
とっくに購入すればよかった
450系スマート取り付け
20以上のボタンを駆使
アプリの挙動がいまいち
こういう一冊探してました!
元気と勇気とヤル気が湧く本
机に吸い付きました
法令が改定されたので
コカコーラと比べて
「私があなたに贈る課題は、月に100冊の読書です」
10年以上愛用中
手入れ用品が一揃い
細かいスクラブで優しい肌触り
戻る