新米図書館司書さんの物語
この本は、
とある街の図書館に務める新米図書館司書さんの物語です。


図書館にはレファレンスと言うシステムがあり
これは図書館にある本を紹介したり、
案内をしたりする仕事です。


主人公は、
お年寄りから子どもまで様々な人々の探している本を
小さなヒントを元に見つけていきます。


そこには、
図書館を利用される人々の考えや想いが
本によって救われていく…そんな心あたたまる一冊です。


一冊完結なので、
とても買いやすく
今まで誰も取り上げていない職業をしっかり書いてありました。


図書館司書になりたい方や図書館が好きな人には特にオススメです!
夜明けの図書館 (ジュールコミックス)

その他の感想

コスパ高し!!
かゆいところに手が届いたような気持ち!
スマートなACコンバーター
まあ、ありがちな話ではありますね
バンドエイド 透明タイプ
可愛いと思う!
水槽が明るくなった
CPよし
この形が良い♪
計算通りです
戦車模型の入門に良い組み立てやすい好キットです
読み応えある対談
壊れた。
おすすめのモバイルバッテリー 【追記あり】
何度聞いても素晴らしい
納得・実感できる内容
こんな便利な物が欲しかったです。
電気代がおさえられるので安心です。操作も分かりやすい。
トレーニングパンツというより
自分1人で完璧を目指さない、他者の力を借りろ!という啓発書
取り付けも簡単でした。
前半部は試行錯誤。荒削りさもちょっとあり
この本を出す必要があったのか……
とても気持ちのこもったアンソロジー
軽四に取り付け完了
マイルドになりました
ぎっしりと設定画が詰まった一冊
この渋さがよいです。
nice product but blurry
とにかく読んで欲しい (当事者には物足りないかも知れないが・・・)
戻る