一生できるゲーム
自分にとっては、
人生初めてのRPGそれがMOTHER2でした
それが、
今では最初で最後の母親自身からのプレゼントでもありました(のちに親父が別れたため)
当時小学1年であった自分が、
初めてプレイした時の事を書くと

まさに、
町の中の探索・・いや冒険です
こんなところにゴミ箱があるっ!じゃあ開けてみよっか!って思い開けると
「ジャーン!!ハンバーガーがあった」これには度肝を抜かれました
出てくる敵 出てくる街 出てくる人々 どこか、
おかしくてどこか面白い・・けど別れもある
そういうのを繰り返していくうちに、
自分は本当に主人公であって 次の町に行くのが、
いつの間にかワクワクドキドキしていました
そして、
いつの間にか自分は重要な所に居るんだなって思わされてしまいます

それは、
やはり終盤なのです
あんなに、
普通で少年野球を楽しんでいた少年(主人公)はいくつもの困難・事件を越える事であっという間に重要な人物にもなっているのです

これが、
このゲームの醍醐味「大人は子供に・・子供は大人に・・」なのでしょう
出てくるアイテムもはっきり言って、
重要ではないアイテムばかりです「こんなのふざけてるだろっ!」って思うようなものばかりです
ですが、
このゲームではそれが「生きるための物」なのです
言ってみれば自分も居て、
その現地で暮らしている人も居る
だから、
ここの場所では自分に役にたたない物でもその現地の人々にとっては「役にたつ物」なのです

そして、
一度プレイしても音楽とストーリーが良い為に何度もプレイしてしまうゲームでもあるんです
「ココはこういう風になってたんだっ!」「こういう旅の行き方もいいなっ」
ぜひ一度だけではなく、
2度 3度 とプレイしてみてください。
また違った目線となり またそれも違った旅となります 

話は、
長くなりましたが・・この先自分の中でこのゲームを越えるゲームは今後ないとはっきりと言います
こんな凄いゲームを出した糸井重里氏には、
かなり感謝感激でもあります

MOTHERとは、
人生であり
MOTHER2 ギーグの逆襲

その他の感想

良く作られています。
普段使いに最適なボールペン
会社の課題図書
物事の理由を知る面白さ満載も、疑問に答えていなかったり怪しい情報もあり
順序が大事?
無調整豆乳みたい(°▽°)
大量プリントには最適
画質が荒い
涙がでました
喰いつきも良いです
全く期待してませんでしたが…
DSDディスクも再生できる
長持ちしそうだけど、色が
ライセンス商品ではないと思います。
いいですね^^
広告に偽りありです
汚れてます
自転車のツーリングにも使えます
さすが、吉川英治先生!
あと湿度表示があれば完璧
光の色
かわいいけどショック。
キレイな赤色
名対談!玉蔵さんの本気
ロスコのことが知りたかったら
値段なりのものですが・・・
お気に入りデス
めっちゃ いい!
現会員向けの有料追加説明書
不満を感じているあなたに
戻る