解り易い良書
触媒や半導体、
電気化学を専攻している学部3年生〜院生が読む表面科学の基礎をまとめた本。

表面科学分野はここ数年で目覚ましい進歩を遂げており、
その基礎理論も地盤が固まりつつある分野である。

そんな状況の中で、
次世代の若手研究者が表面の基礎を勉強する為の絶好の入門書である。

図が多用されていて、
非常に読みやすい本ではあるが、
物理化学の基礎(特に熱力学や量子化学分野)がある程度理解できている事が前提となっている。

数式も結構出てくるので、
数式が意味する現象の理解を求められることもあり、
大学の講義で教科書としても十分活用できる内容である。
(学生の思考力のトレーニングになるので)
ベーシック 表面化学

その他の感想

これで十分、正統的な教科書です。
非常にゴミ捨てが楽。実はレジ袋を3枚装着できる。実用性は類似製品の中ではトップ
使い買っては良いが・・・・・
腕が太い人は辞めたほうがいいかも
見た目は小さいのに容量が大きい
ピーターラビット大好き
水って騙されやすい
ナットの
一長一短、当りかハズレは買ってみてからのお楽しみ!
使い方にコツが要るんです
小型、軽い、安い
やめ時が見つからない
漢詩を作る人のために
スマホ用に最適
装飾部が
TCP/IPプロトコルスタックの学習にちょうど良いテキスト
致命的なバグあり。
源内は科学者?それとも探偵?
善人とは・・・?
実践的なノウハウが役に立つ
お米をいれるための「お洒落なガラスキャニスター」
豊川悦司さんの大ファン
今熱い分野へのアプローチ
幅のスリムさと用途が目的に合致すれば「買い」です。
やはり、使いやすい。
整形外科リハビリテーションならコレ!
オモシロ楽しい本
小児科に興味があるなら・・・
足首が安定する
読むほどに面白くなります。
戻る