変わっても、変わらぬチーム、BAU
今年も秋の夜長に最適(?)なDVD-BOXを楽しみにしていました。


狂気な沙汰話、
思わず目を逸らして飛ばしたくもなる場面も健在。

残虐にして残酷な描写もてんこ盛りですが、
そこは話のスピーディさ。

基本は1話完結、
重要なエピソードは2話に渡って。
またはシーズンを跨いで
楽しませてくれる面白さで、
相変わらず家族的BAUは惹きつけてくれます。


シーズン7でプレンティスがチームを脱退してしまい、
正直彼女の抜けた穴は
大きいのでは…と(個人的には)多少ガッカリ感も引きずりながら。

新しい変化になかなか馴染めない(はずの)ドクター・リードやガルシアが
どんな風に新たな捜査官へ心を許していくのか、
をも焦点に観賞中です。


思えば、
斬新なクライムサスペンスもので始まったクリミナルマインド。

物語の核であったギデオンの復活で開始されたシーズン1は、
エルが加入して
ホッチは生まれてくる子供の名前を悩んでいる幸せも絶頂な若かりし頃です。


シーズン2でトラウマを抱えたエルの退場に代わってプレンティスが加入。

シーズン3早々に心折れたギデオンに代わってのチームロッシが始動。

シーズン4でチーム最大の敵となるリーパーが登場。

シーズン5にて壮絶、
絶望の100話を迎え、

シーズン6はプレンティスがBAUに来てから5年目という節目にして
シーズン7では、
これまでのシーズンをも跨いできていた伏線の数々、

諸々を回収しての決着のちにJJたちもようやくゴールイン……と。


去る者、
結ばれる者。
喜びも悲しみもBAUチームと共に、
の下で
友情や絆、
再会と別れも様々にありました。
そしてこれからも――。


ここまで続くとは本当に、
制作各関係出演者からなる方々の熱意に、

ありがとうございます! の御礼の言葉しかありません。

鑑賞している側のいちファンに過ぎませんが、
感慨深く思います。


そうして歴史を刻んできたBAUチームにとって、
なじみ深い方の
クリミナル・マインド/FBI vs. 異常犯罪 シーズン8 コレクターズ BOX Part1 [DVD]

その他の感想

マイク性能をSoundEnginで試してみました。
何を出し惜しみしてるんだ?
小麦(グルテン)フリーで木桶で仕込んだ「たまり醤油」です。
淡々と。
6本爪で正解だった
エンデの魂に触れる体験
ロシアの生活で大活躍
ただただ残念。
ACK70Mとの違いは「アクティブプラズマイオン」のみ
普通と言えば普通!
一年でダメになりました
2ヶ月使用しました
ギャグとパロディが散りばめらた肩の凝らない小説。
フォトブック付き、カレンダー❣️❣️❣️
ポメラのDM10に使っています。
ほぐすと量がすごい
滋賀の誇り
純正はほんとうなのか?
Worth taking before the test
通勤のお供に!
CDが良い
出会ってしまった意味
筋肉痛緩和には良いです。
作りもバッチリ
肌をいたわり健康肌に
ろーるぱんなとめろんぱんなの違いを教えたくて
最も必要な教科書です
製造終了のリモコンが買えた
よーこ
子供の図工用に購入
戻る