バハイラムからの珍客二人来訪編、やっぱり本作はエルダント舞台の方が面白いな
異世界でオタク文化を広める「鉄砲玉」として送り込まれた少年・加納慎一の物語・第十一弾
舞台を二巻続いた日本からエルダントに戻して登場するのは5巻の慎一の拉致騒動以来となるあの二人!!

物語は日本への一時帰国が終わり、
エルダントに戻ってオタク学校の教師業へと復帰した慎一の授業風景から始まる
慎一の教え子の間で流行っていたのは携帯ゲーム機のカメラ機能を使った写真撮影。
エルフ貴族の息子・ロイクに
至ってはエルダント駐在の自衛隊員からデジタル一眼レフを入手する始末。
新技術に夢中になってマナーを無視した
撮影にキレたのはコスプレイヤーの光流。
肖像権の概念が無い世界で生徒たちに撮影マナーを教える方法を模索する
慎一たちの屋敷ではエルビアが何やらおかしな様子を見せる。
何かを物置小屋に隠しているらしいが…

2Pキャラの様にエルビアと瓜二つの容貌を持ちながら性格は正反対のクールな軍人・アマテナとその部下で慎一の
拉致騒動の時には世話係を任されていたウェアタイガーの少女・クラーラが久しぶりの登場。
バハイラムにオタク
関連の物資をエルビアを通じて持ち込んでいた嫌疑で憲兵に追われた二人が慎一の屋敷に逗留、
粛清の嵐が吹く
バハイラムからいつ追手が来るか分からない、
敵対国であるエルダント側にバレても大変という二つの不安の中で
話は進んでいく

ただし、
話の中心になるのは奔放なエルビアと対照的にクールで「隙」というものが見当たらないアマテナの性格
ただでさえ月に一度は本能に振り回されて「さかり」を見せる軍人には向かない種族という偏見の中で軍人として
生きていく為に身に付けたアマテナの心理的な「殻」を慎一や周りの人間がどの様に解きほぐすか、
が描かれる

こう書くとひどく真面目な話の様に思われるかもしれないが、
エルビアの手引きで屋敷に潜り込んだアマテナが
慎一と鉢合わせした際に無表情のままエルビアのフリをしたり、
しかもそのまま慎一と入浴する羽目になったりと
クールなアマテナが最初からあれこれと振り回されるのでニヤニヤさせられる
アウトブレイク・カンパニー 萌える侵略者11 (講談社ラノベ文庫)

その他の感想

底の素焼きの部分は好みによると思います。
体が震えました。
オペアンプ交換には必需です。
そこまでではない
中学生の息子に
ドラマチックな人生を彩る事実の魅力
6V バイク
お高いだけはあります
とんでもねえな
USB3.0で認識しない件(解決済み)
2018年3月北京 / 安定性・設定等文句なし
中3の娘の修学旅行ようにかいました。
たっぷり大容量!とても良いですね!
ひらめきを生む一冊です
自分のご褒美にガス・ブローバックガンを買いました。
購入後
ソニーRX100用
間違いなく使いやすい
急激に冷えるが時間が
綺麗に拭けます
商品説明がほしい
「御宿かわせみ」ではない
木村伊兵衛のパリの携帯用写真集
秀逸! とても奇麗に剃れました。
本体と合わせて購入したのですが
ぴったりの財布
股の部分が狭くて痛いよぉ〜
スマホへの外部入力(LINE)してみました。
ハンチョウ
辞典は、コレに限ります
戻る