「自分の足で立て!!」 ソローによる力強いエール。
この「森の生活」の本の中には有名な一節がある。

それはソローがなぜ森で生活をし始めたかの理由を語る部分。


『私が森へ行ったのは、
思慮深く生き、
人生の本質的事実のみに直面し、
人生が教えてくれるものを自分で学び取れるかどうか確かめてみたかったからであり、
死ぬときになって、
自分が生きてはいなかったことを発見するようなはめには陥りたくなかったからである。
人生とはいえないような人生は生きたくなかった。
生きるということはそんなにも大切なのだから。
また、
よほどのことがないかぎり、
あきらめるのも嫌だった。
私は深く生きて、
人生の精髄をことごとく吸いつくし、
人生とはいえないものはすべて壊滅させるほどたくましく、
スパルタ人のように生き、
幅広く、
しかも根元まで草を刈り取って、
生活を隅まで追い込み、
最低の限界にまで切りつめてみたかった。
そして、
もし人生が厳粛なものであるとしたら、
身をもってそれを体験したかった』

ソローは世捨て人ではなく、
むしろ誰よりも「生」を積極的に肯定し、
それを真実に生きようとした人物であった。
そして、
そんなソローに言わせると街中で習俗や習慣にはまって惰性的な生活をしている人々は「生きていない人々」であった。


『実在が架空のものとされる一方で、
虚偽と妄想が確固たる真理としてもてはやされている。
もし人間が実在の世界だけをしっかりと観察し、
迷妄に陥らないようにすれば、
人生は─われわれが知っているものに例えると─おとぎ話やアラビアンナイトのようになるだろう。
必然的なもの、
存在する権利のあるものだけを尊重するなら、
詩と音楽が通りに鳴り響くだろう。
急がず賢明に生きてゆけば、
偉大な、
価値あるものだけが永遠の絶対的存在であり、
卑小な不安や快楽は、
実在の影にすぎないことをわれわれは知るだろう。
実在するものは常に心楽しく、
崇高である。
だが、
人々は目を閉じて眠りこけ、
甘んじて外見に惑わされているために、
あらゆるところで型にはまった因習的な日常生活を打ち建て、
固定させている。
そうした生活は、
やはり純然たる幻想を基盤としているのだ。
森の生活〈上〉ウォールデン (岩波文庫)

その他の感想

地デジに干渉有り
これは いいですよ。
夜のお茶に、重宝しています
なんとも独創的な物語
アームが折れる
ブルーライト低減に効果あり
雨の日に素早く展開できて助かりました。
目の疲れ痛みはなくなった
なんか面白い
美味しいと思う。
この値段ならこんなもの
…はい?
購入して2ヶ月余り、満足しています。
小説を読んでみよう、映画を見てみようと思ってしまいました。
ミステリというフォーミュラ小説の究極・トリックだけだがトリックが至上
ディスカウント店より安くてよい商品です。
素晴らしいお品
操作が簡単で安心できますが、消費電流には注意です
手作り出来そう。
何かしら勇気がもらえる……かも
写経用紙のレビュー
システィーナかわいい!
思ったよりシックな色合いで気に入りました
低騒音?
おしゃれな容器で楽しいお掃除
早く会いたい
体重が増える。力が増える。
一年中使えるマルチシート
暗いところでの使用
楽園への扉。
戻る