口腔内の殺菌に優れたデンタルペースト
 私的な話になりますが、
我が家では、
「GUM(ガム)・デンタルペースト」が市販された1989年から、
約25年間使い続けてきた歯磨き粉です。


 この間、
他社の様々な歯磨き粉等のオーラルケア用品を併用してきましたが、
やはり、
CPC(塩化セチルビリジニウム)の殺菌効果による歯
周病予防やGk2(グリチルリチン酸2K)による抗炎症効果が大きく、
長年の使用実績から信頼のデンタルペーストとしてGUM一辺倒になって
います。


 CPC(塩化セチルビリジニウム)は、
プラーク内に潜む歯周病菌のP.g.菌(Porphyromonas gingivalis)、
A.a.菌(Actinobacicclus actino-
mycetemcomitans)、
P.i.菌(Prevotella intermedia)、
B.f.菌(Bacteroides forsythus)、
T.d.菌(Treponema denticola)等には有効のようで
す。


 ただし、
どのようなデンタルペーストを使用しても、
歯の隙間、
歯の裏側等、
歯ブラシの届かない場所ではプラーク(歯垢)が残り、
ミュータン
ス菌(Streptococcus mutans)がプラークを分解して生成した酸がエナメル質を溶かして虫歯になる原因となってしまいますので、
歯間ブラ
シ、
デンタル・フロス等でのプラークの除去が必要になってきます。


 このデンタルペーストを使用して歯を磨いていたら虫歯になったというレビューも散見されますが、
デンタルペーストの成分で虫歯になること
はありません。

 虫歯が出来たということは、
歯磨きが不十分で磨き残しがあったということになります。


 また、
研磨剤の添加されたこの「GUM(ガム)・デンタルペースト」を電動歯ブラシに使用し、
毎日、
磨いていたら虫歯になったそうですが、

れは当然のことです。

 研磨剤により、
歯のエナメル質の表面が削られ、
常に傷だらけとなるため、
ミュータンス菌が進入して虫歯になる原因となります。

 このため、
電動歯ブラシの使用に当たっては、
「GUM(ガム)・デンタルジェル
GUM(ガム)・デンタルペースト スタンディング 120g (医薬部外品)

その他の感想

恥ずかしくない。いい物です
核心を端的に衝くとは
こういうのがほしかった!
趣味
我が家の家宝になっていますw
アニメのライブBlu-ray初めて買いました
イッキ読みしました
やっぱり家庭力です
リスクを伴います
ワイヤレス接続について
自分で考えることの重要さを平易な文章で説く
パックンフラワーもさすがです☆
さすがFIFA公認。
くるさんの字で全然問題なかったんですけど・・・・・
初回限定でないと価値が無い
iOS7のiPhone 5s、純正ケースで利用できます
愉しみ
結婚式の二次会
トレーナーは
原文で読む西郷の偉大さ
良い商品だが注意が必要
とにかくカッコいい!
国際紛争
感触について
不正対応やコンプライアンス体制を考えるうえで、要点を確認できる必読の良書
そのまま飲む炭酸としてはいいです。
良い塩加減です。
生きていく力をもらった本
心が雨漏りする前に
型式が合わず使用していません。 自己責任です。
戻る