米国視点の韓国の「理不尽」さは些か表層的で底が浅い.
本号の特集記事は「韓国 理不尽な現実」と題して、
「アジアだけでなく世界でも存在感を強めた韓国だが 最近、
その自尊心を失わせるような事件が相次ぐのはなぜか」とのコンセプトに基づき、
9本の記事からなるものである。
私見ながら総括すれば、
米国視点に基づいた表層的・一面的な事情に終始しており、
日本国内で議論され尽くしたトピック等と比較すると内容・質的に甚だ見劣りがする(一面的な)ものと言わねばならない。
詳細は後述するが、
米国の週刊誌であるから米国視点であるのは割り引く必要もあるが、
「歴史問題」と称しながらも論述の底の浅さには落胆させられる(記事には日本人記者や韓国人名らしき執筆者も見える)。
右特集記事以外で特に(否定的な意味で)目を惹いたのは、
「NYにも拡散するエボラパニック」である。
右記事には消極的な意味で、
米国流思考に感心する。
内容は昨今騒動となっている、
NYCにおける「西アフリカ」(ギニア)から帰国した医師の感染騒動の最新レポートであるが、
論旨は感染態様を解説しつつ、
「今の状況では、
過度に心配する必要はない」と結ぶ。
パニックを沈静化させようとする筆致は首肯できるが、
問題の所在に関して本質を突いていない。
Newsweek (ニューズウィーク日本版) 2014年 11/4号 [韓国、歪む社会と「歴史問題」]

その他の感想

必要十分、初心者の私にぴったり
とても良かった☆
まれに誤動作
この本の効率の良い勉強の仕方
マークシートに最適です!
吹き替え版について
1回聞いたら2度と聞かないかも
つくりは完璧!ただガッカリな点がひとつだけ…
2GBなので基本的にメモリの拡張が要るかなぁ…
ほむらと杏子のコンビが表紙、付録はまどほむの水着ポスター
ちっちゃくて非常に軽いが、その他の携行品が多い。
GLAYというバンドの"音楽人生"
1年以上使ってのレビュー
粉末緑茶には及ばず
「日々の狂騒も続けば日常と化す恐るべき漫画家生活。」
品質のバラツキ(追記)
返品すると同じものを買うと値段が高くなるのでしょうか。
プラモのオプション装着に
普段履き・エクササイズ兼用
値段的には、近所のドラッグストアの方が安かった
初心者にもわかりやすい解説
先日亡くなった父の遺品にこれがあった。
インプレッサ
それなりに参考になる
「セカイ系」に関する文学的分析の終焉、か?
PS3と比べて
定価以上の価格で買う価値は無い
2to1・・・
さくさく切れる、ちょっと大きいかな?
戻る