青春ドラマとしてのハジけっぷりが物足りない・・・・・
基本、
『ウォーターボーイズ』大好きなボクとしては、

こういう類似ジャンルのスポーツ打ち込み系青春ものは大好物!
ドラマ史上初の水球って夏らしくていいじゃん!
・・・・・・って好意的に思ってたんですけどね・・・・・。


なんだろうなあ、
演出がマンネリなのか、
脚本に工夫がないのか、

青春ドラマに必要な“ハジケっぷり”がすごく物足りなかった。


如何せん、
主演の男の子がねえ、
2枚目なんだけど
ヤンキー感があんまりないというか、
クセがないというか
それほど魅力ある人に感じなかったんですよ(ファンの方、
ごめん)。


水球って上半身だけを動かすスポーツなので画的にも地味になりがち
なんだけど、
そこを演出でどこまで盛り上げてくれるかが
見せどころであり、
勝負どころだったのでは?

なのに肝心の最終回の試合シーン以外は
回想シーン、
もしくは部員同士がダベっている場面ばかりで
演出的にも異様にモタついているから、
それほど面白くない。

かつ、
スローが多用されすぎなので、
テンションが上がらない・・・・。


尚弥を襲って怪我させた高校生がなぜかお咎めなしだったりとか
倉科カナ演じるライバル校顧問が急にイイ人になったりといった
脚本上の不備にも色々と言いたいことはあるんだけど、

それよりも全体的に物足りなかったのは、
水球の特訓シーンや
チームが水球で頑張っている場面があまりなかったこと。


友情ドラマや恋愛劇に焦点を当てすぎで、
これだと
「ひと夏の青春恋愛友情ドラマ」に留まっちゃってるんですヨ。


出演者が本気になって水球に打ち込む“若さと頑張り”が
あんまり画面から伝わってこなかったのは、
結構でかいマイナス。

そういう積み重ねがちゃんとあれば最終回はもっと感動できたはず・・・・。

一応、
青春スポーツドラマなんだから
もっとスカっとさせて、
もっと心動かしてくれないとっ!

最終回までリタイヤしないで何とか観続けた最大の理由は
水球ヤンキース Blu-ray-BOX(先着予約購入特典付き)[Blu-ray]

その他の感想

喜んでおりました☆
ポンプ式は、片手で簡単・便利!爪に入らない!
この店はもう使わない
「福沢翁伝」がタイトルとして正しい福沢諭吉の伝記です。
安心材料として
何とかなりました。
スマートメディア対応が気に入りました
デジタルの領域でもワイヤーで音が変わるのですね。
大事な所は良い感じです。
洪水は行政区ではなく、流域で起こる! 流域地図で、大地の凸凹を知り、地球の理に沿った新しい暮らしをつくる。
Jazz-funk
調子に乗りすぎ!
最高に楽しい
3歳児も大興奮の瞬発系カードゲーム。もちろん大人も楽しめます。
ホルモンが面白い
トモエル
好 or 嫌の前に「悪」であることを立証した本
細かくなります
彼らの実力は充分。あとは作家次第
とても残念!
Excelの初学者向け統計本では一番のおすすめ
とても軽くて暖かい
キャラバン華やかなりし時代の落し子。
ピラティス必須本
迷ったけれどこの商品に決めてよかった
思い出話ですが・・・。
安心感が違う
旅というものを感じさせない空港の読み物
ジャパンエディション、ホワイトタイプ
今までの2冊と比べると控えめな感じがします。
戻る