グイン・サーガに似たなにか
栗本薫がグイン・サーガを書き始めた頃、
日本にはヒロイック・ファンタジーが売れる土壌などなかった。
まして全100巻「予定」という長丁場の物語を刊行し続けることができるのか否か、
誰にもわからなかったはずだ。

そのせいか、
シリーズ序盤のグイン・サーガには後期には見られない緊張感と、
勢い余ってつんのめりかねない程の気迫があったと思う。


グイン・サーガ静電の続編を執筆することのプレッシャーが並大抵のものではないことは容易に想像がつく。
『豹頭の仮面』を執筆した時の栗本薫と比較しても仕方がないが、
少なくとも五代ゆうの方が気楽だったとは到底思えない。

これまでの物語を違和感なく継承できていなければ「131巻」ではなくなってしまうし、
同時にこの一冊で栗本薫とは全く違う個性を打ち出すことができなければそれはそれで失敗作となる。
そういう並々ならぬ苦労があったことはわかるのだが、
やはりファンとしてはすんなりとは認めがたい続編になってしまった。

この作品は一応違和感を最小限にとどめた上で、
「五代ゆう」色をかなり思い切った方法で打ち出しているのだが、
かつて栗本薫が読者に感じさせたような緊張感も気迫もここにはなかった。


「栗本薫が絶対にやらなかったであろうこと」をこの先どう扱うか次第だとは思うが、
正直なところ全く別の「グイン・サーガ」に似た物語を書いてくれていた方がファンにとっても作家にとっても幸せだったのではないかという気がしてならない。
パロの暗黒 (ハヤカワ文庫JA)

その他の感想

植物油(紅花油)が最大原料、ヒマワリ油、コーン油も、さらにビタミンE含有植物油とは何油?
USB-A と USB-C (PD 対応) が同時に充電可能 (ただしクセあり)
この本のおかげで合格できました。
ふくらはぎにすれて痛い
小説の世界観とのギャップが面白い
最新の更新データあり
いわゆる暴露本ではなく・・・
看護学生一年生にオススメ
迫力満点でパワフルです
モーター音が五月蝿いけど悪くない
和訳が待望
4個入れとしては少し大きいかな
ことりちゃゃゃゃゃゃゃんっっっ!!
バッテリーが弱くなってきたので
鼻毛用にも◎
決壊と急展開
サイズぴったりです。
乃木坂のグラビアは良い
広瀬正ファンなら
ホルダー分解がすべて
長めの丈が良い
まあこんなもんかな?
コンプライアンスに準じた良品
笑いながら跳ねる
安っぽくなくイメージ通り
三味線を始めるにあたり、買ってみました。
↑と同じ
多くの気づきをもらった
鋭い
日除けにはなるが…
戻る