kawasakiに続いてHONDAの再編集版。大判で読みやすい美麗短編集。
収録作はほとんど『RIDEX』で既読のものだったけれど、
やはり『RIDEX』は読んでほのぼのとしますね。


『RIDEX』を読んでから『キリン』を通読したクチです。


空前のバイクブームのころ連載の始まった『キリン』の登場人物たちはみんな若くてある意味キレてましたけれど、
20数年たって彼ら&彼女らもいい意味で年を取って丸くなっていて、
でもずっとバイクに乗りつづけていて、
やっぱりバイクっていいなぁ、
と思わせられます。


『こっち側にきなよ』っと東本昌平氏はずっと作品内で発信し続けていらっしゃいますが、
『RIDEX』を読むとその意味が分かるような気がします。


自分もいい歳だし、
親もいい歳だし、
いまさらバイクでもないか、
とときどき思いますが、
東本昌平氏のマンガを読むと、
いい歳だろうが、
体がきつかろうが、
維持費が高かろうが、
生きてるうちはバイクに関わりたいと思ってしまうのです。


好きなこと、
バイクに乗ることをやめてしまって何のための人生かと。
RIDEX HONDA (Motor Magazine Mook)

その他の感想

簡単!おいしい!
レコードが聴きたくて
役立たず
安っぽくて高いですが、費用対効果はあるかも
虫除けシート
とってもいいお買い物をしました…
歌&ダンス最高
やっとあった
やはり太かった…
第1・2章は面白い
今世紀最高かも!
エビデンスが豊富、そして実臨床にすぐにいかせる。
レビューをみて
マンションの玄関とポーチ用に
シリーズ最終巻にしては残念な一冊
「システムとしての」犠牲。それ超えようとする営みを抜きに、人類の未来はあるのだろうか?
なんと申しあげてよいやら
うまく飛ばない・・・
言葉の力
デザインがかわいい。おしりふき以外にも。
看護職としての倫理について考える時にgood!
はきにくい
手に入りやすい食材を使っています
tシャツ生地
4番を鑑賞するには
最高の舞台
いい感じ(^^)
柚子の香りがほんのりとイイ!
少し高いか
物語の序章
戻る