数学の正しい理解には必須
この本(初版)のおかげで、
「ブルバキ数学原論」を
抵抗無く読み始めることができました。
そのおかげで、

通常の教科書にある不明確な定義や記述に悩まされず、

短期間にかなりのレベルの数学まで学べました。


多くの数学教科書にみられる怪しい(誤り?)定義などは、

論理記号を用いてあらわすと誤りが明白になります。

(例えば、
「新しい論理序説(本橋著)」には
多くの数学専門書にある紛らわしい表現や誤った定義
の具体例とその修正が詳しく解説されています。

この本は、
本書とは異なった切り口で、
論理が学べる
良書と思います。
)

初版を読んだ時は(未熟だったせいか)気付かなかったのですが、

現刊の「新装版」を今読んでみて、
少し気になることは、

「第8章§3.」の最後の注意で
「任意の集合を対象領域として指定することはできるが、

ただし、
それは空集合であってはならない」
という記述の仕方は(本文を注意して読まないと)誤解を生むと思う。


この対象領域は一階述語論理の体系で扱う「一般の述語」に関することで、

(一階述語論理の体系では、
∀xF(x)→∃xF(x)が導かれるので、

述語Fの対象領域は空ではない。
)
個別の(数学)理論では、

定義域(対象領域の部分領域)が空集合である「特定の述語」も考える。


例えば、
集合論では定義域が空である関数(空関数)も考えます。

上記の述語の対象領域に関する注意を誤解して集合論にあてはめると、

「定義域が空な関数は考えない」または「定義域が空な関数は無い」
という、
誤った発想が生まれる可能性がある。

(この錯覚は、
下記[1]によると国際的であるらしい。
)
正しくは、

「定義域が空な関数は存在して唯一である」
このことは空集合と関数(グラフとして)の定義から明らかなのですが、

[1] 層・圏・トポス(竹内著)
には、
正しい説明(証明)が載っています。


なお、
「はしがき」に
記号論理入門 (日評数学選書)

その他の感想

標準の取説がショボイので本を購入
これまでは安定のレイトン教授だったが
懐かしい「昭和」の垢擦りタオル
失敗!TDKと相性が悪いのかな?
「ブログの記事、もっと上手に書きたい」という人には、きっと役立つ。
facebookだけじゃない!これ1冊でソーシャルメディアの活用法が学べる
剥がれます。。
実用性もあるがコスプレにも良さそう
キャンバー調整するならこのボルトで!
凄く便利!
どんな商売にも応用できる、売り上げアップのためのノウハウ満載でした!
ネタバレ有り。オリジナルとは比べず、今作のみでの評価。
とても満足な豪華3枚組!
スプレーグリスでも代用できるが・・・
表紙に惹かれました
木村拓哉作品で最高傑作だと思う
センスが良すぎます
ピカピカです。
ほんのり石鹸の香り
思ったよりも重い?
汚れが気になる
期待していた特典DVDが…
専用カバーなので
安いけどねぇ。
読んで楽しい、作って美味しい!
アマゾンの対応が良かった。
優しく温まる
また値上げ?
たっぷり入っていて使いやすい
迷惑セールス撃退に!
戻る