ドゥルーズの遭難者を救う救世主的な一冊
「ドゥルーズを何度も読んできたけど、
いまいち理解が進まない」という人にとっては、
本当にわかりやすい一冊。


ドゥルーズに関連してヒュームの連合説を説明する時でも、
凄く丁寧なんだよね。
決してはしょらない。

そして、
説明の中に具体性を入れてくれる。


研究者の説明は、
高度な抽象レベルのまま進んでしまって、
「なんだかよくわからない」ということが多いけど、
本書ではそういうことがない。


難しい言葉に置き換えている時も、
かっこで元の意味を記して、
ドゥルーズに遭難しかけている人がついてこられるようにケアーをしてくれたりする。


たとえば、
ドゥルーズの用語で、
思考のイメージとか内在平面とか分析平面いうものがある。

平面?
なんじゃそりゃって感じだけど、
國府氏はこう説明する。


まず、
思考のイメージについて。


《彼らは哲学者が語ったことしか読まない。
そして、
哲学者の思考は哲学者の意識のコントロール下にあると考えている。
しかし、
哲学者の思考は哲学者の意識を超え出ている。

 哲学者の意識を超えるものとしての思考、
つまり、
語られたこととは別に捉えられうる、
語られたこと以上のものを含み、
語られたこと以前に位置するものとしての思考――ドゥルーズはそれを一つのイメージとして捉え、
「思考のイメージ」と呼んでいる》

それから、
しばらく後で内在平面について、
「思考のイメージは、
晩年の『哲学とは何か)1991年)では「内在平面」とも呼ばれるようになり」》って書いている。


ついていけるでしょ?
さらに分析平面については、


《「分析平面」は、
これ以後は使われなくなる言葉だが、
「内在平面」に相当するものと考えて間違いないだろう(おそらく、
ここで平面という形象は、
哲学史を一本の直線として捉えることを避けるために導入されている)》

かっこの中がポイントね。
「おそらく、
ここで」というくだりがあるおかげで「平面」というドゥルーズの言い回しに「ああ、
なるほど」ってうなずけちゃうんだよね。
ドゥルーズの哲学原理 (岩波現代全書)

その他の感想

スパルタンだw
食べに行ってよし!作ってよし! 餃子好きなら永久保存版!
カタカタします
やみつきです
小さな映画館
こんな本が欲しかった
久びさに燃えました!
「知の破片」を全体像にする
語りかける言葉には
そこらへんの入浴剤を買うなら、絶対これがおすすめ!
娘から頼まれました。
実証実験結果
乾燥よもぎ葉でつくるかゆみ止め
超乾燥肌のダックスは無理
伝統を感じさせるシックなデザインと快適な履き心地
リビングPC用に適
値段も安く
流石のMr.Children
鮮度抜群
曲げにマッチしない
20年来のねこ背が治りそう
A great read
レビューの遅延、大変申し訳ありません
価格から判断し充分なパフォーマンスです。
1999リマスター
この大きさで、このデザイン。しかも馬革!
太さが違い、入らない場合がある
【Amazon.co.jp限定】とは?
暖気するよりエコかな?
大物洗濯用
戻る