スガキヤの 旧・ラーメンフォーク との比較
かつて、
あのスガキヤ(名古屋本拠のラーメンチェーン店)の各店舗用として2007年まで使われていた実際の「旧・ラーメンフォーク」と、

当商品「18-0ステンレス ラーメンスプーン」とを、
二つ並べて細かく比較してみました。


☆スガキヤ各店舗仕様う「旧・ラーメンフォーク」

・表面処理は通常の ステンレス仕上げ。

・ハンドル(柄)の裏には、
凸文字で “Sugakiya 18 STAINLESS D.PAT 475450” という商標の表記あり。


☆18-0 「ラーメンスプーン」

・表面処理は ハイポリッシュ研磨の ミラー仕上げ。
(かつて創業60周年記念のキャンペーン時に配布された仕様と同様。
)
・柄の裏には一般的な 刻印で“STAINLESS STEEL MADE IN JAPAN” という製造国・材質の表示。


…以上のように、
両者の違いは「表面の仕上げ」と、
持ち手のハンドル部分裏の「刻印の表記内容」のみです。


その他、
形状デザインや寸法、
重量、
使い勝手等は、
両者ほぼ全く同一です。
 (おそらく製造元メーカーは同じかと思われます) 

現在、
スガキヤの各店舗では2007年からリニューアルされた、
かなり使いづらい形状(失礼)の 「新型ラーメンフォーク」が使用されていますが、
私自身を含め、
あの旧フォーク独特の非対称な形状に思い入れやノスタルジーを抱くスガキヤファンの方々や、
かつての「旧ラーメンフォーク」のハンドル形状のほうが現行型の 「新型ラーメンフォーク」よりも断然使いやすかった!…と思っている方々には、
かつて非売品であったスガキヤの「旧ラーメンフォーク」と殆ど同じ仕様で使い勝手も往年の旧ラーメンフォークと全く同じモノが手に入るという意味で、
昔ながらののスガキヤが好きな方には、
現行の「MoMA ノリタケ バージョン」のラーメンフォークよりも、
こちらの「18-0 ラーメンスプーン」の購入を断然お薦めしたいです。
18-0ステンレス ラーメンスプーン (ミラー仕上げ)

その他の感想

MEIKOお手軽グッツ
青 購入 
Poor
本当に日本のさつまいも
塾のテキストが判らなくなると 気分転換に読んでいます
お値段が。。。。
高い・・・
かくし絵に大人もはまる
商品説明にある通りの肌触り
ミスチルの貴重なドーム公演
サンプル通りとても可愛いです
光が遠くまで届く!
ムックなのに・・・
女の子ですが、とっても好きな本の一つです。
シンプルゆえに力強い
サブPCにも使える省電力の新しいプロセッサ
商売
中身は☆5ですが
夏向け。。。。。
ダウンロード版を購入するとSteamを利用したことない人は戸惑うので注意
ポール来日騒ぎに左右されない距離感の評論が新鮮です
会社のカバン掛け用に
当時の宣伝もそのまま収録て…
効果は感じる
触った感じは電卓ぽいです
すばら
久々のヒット
まさに バギー
若干小さい。
普通につれます!
戻る