情報化、グローバル化、民営化──今なお色褪せない論評の数々
ドラッカーの著作は、
経営・組織などのマネジメント分野と、
政治・経済などの社会学的なものとに大別されるが、
本書はどちらかというと後者に属する。
既に1960年代にして経済のグローバル化、
コンピュータの発達による情報化社会の到来(まだITという単語も無い)、
民営化、
教育問題といった、
現代社会が今もって抱えている病巣を予見しているのだから恐れ入る。
現代に生きる我々が読んでも目新しさはあまり感じないかもしれないが、
そんな目新しくない事象の殆どは、
実は本書が端緒となっている。
本書によって、
経営学者としてのみならず社会学者・哲学者としての名声は不動のものとなったと言っても過言ではない。


なお、
個人的に職業柄一番気になったのは、
「退職金・企業年金は、
被用者を雇用主に縛り付ける『金の足枷』である」との論。
これもドラッカー発だったのか!?
ドラッカー名著集7 断絶の時代

その他の感想

学習者目線の解説が秀逸な良書!!
小型で手頃で音質良好!しかしプラグインパワー必須。
今回は失敗してしまいました(>_<)
グラフィックはPS3版レベル
空間の 凸凹(でこぼこ)がなくなる
大変面白かった
学生は教科書や参考書にも
初心者の初心者が読む本。
40センチ角のBOXです。
Web制作の最新テクが凝縮された、手元に置いておきたい良書
この本はここが凄い【補足】
頭が小さいので、、、
大きさが・・
持続性が・・・
材料が…
デカッ! でも長く使えるなぁ
レードル類と揃えられます
上杉鷹山の師、細井平洲
冬の冷たい床対策にぴったり
上西!
存在感が…
物は良いが使い方は難しい
買う前に、クリップだけの購入をお勧めします。
無難に満足な作り
トラブル知らずです
原作が大好きで
この商品を購入して今までに苦労したスタンプしたインクのにじみを解消しました
え??
軽くてやわらかい。
すごく楽しい!!
戻る