表現が難しい・・・
 この本は流通システム論全般に渡って基礎理論を整理した書である。

 網羅的で簡潔にまとめてあるので流通システム論を学ぶ方には役立つ書籍であると思います。

 ただ、
表現が難解です。
流通システム論の理論を広く紹介しているので簡潔になりすぎてしまうのは仕方がないのですが、
いきなりこの本を読む方はきついかも知れません。
(私自身はこの本を一回目に読んだ時、
消化し切れなかったのが正直なところです。

 個人的には、
有斐閣アルマから出版している『現代商業学』や『ベーシックス流通と商業』を読んでからこの本に挑戦した時はすんなり頭の中に入ってきました。

 ですので、
もしこの本を読んで「???」ってなった方は、
他の書籍を読んでからこの本を読まれるとこの本の良さがわかるかもしれません。

 役立つということで「☆」を5つにしたいのですが、
文章が難解ということで「☆」を4つにさせていただきました。
現代流通―理論とケースで学ぶ (有斐閣アルマ)

その他の感想

昔の本の抜粋本です。
あたりはずれあり?
エンドルフィン全開
とても快適。
繋ぎのつもりが
期待して読みました。次回作に期待。
組み立てがビックリする程簡単!
クラリスRD2400に取り付け可能。
恥ずかしながら
のこぎりを再発明したのかも
焦げてしまいます(涙)
省エネ、シンプル
どこまで信じていいのか?
CL11で安定しないと思ったら・・・
シンプルでバランスが取れてて聴きやすいアルバム
小物加工に使用(生セル電池のスリーブ)コイル焼付
つなぎ
豊富な海の幸に感激
謎のカードがたくさん
あくまでテーブルスタンドとしての用途向きです
多重人格の可能性を感じました
2013年3月時点での世界情勢を手っ取り早く把握するのに最適
ポストカードぐらいの大きさ
スタイリッシュでアダルト・コンテンポラリーな1枚
初心者でも取り組めるドリル集
これを買って良かった
1歳の娘ですが楽しくコロコロ動かしています。
強烈なキャラが欲しかった!
動作OK
自分の前に壁があるのか。自分で壁を作っているのか。
戻る