ミドルマネジャーになる前の人にも、なった後の人にもおすすめ
東大で企業内人材育成を専門に研究されている中原先生の最新刊。
仕事柄、
先生がこれまでに出版されてきたご著書にはたいてい目を通していますが、
これまでに読んだものの中でいちばん好きでおもしろいと感じました。
それはきっと「バランス」がいいから。


「マネジメント」や「マネジャー」について書かれた本は、
自分がこれまでに読んだものの中で比較すると「難しすぎる」か「簡単すぎる」と感じるものが多いです。
難しすぎるのは、
主に学術的に厳密に書かれたもの。
「マネジメントとはそもそも~」みたいなことが、
難しい用語や硬い名詞を中心に表現されていて、
勉強にはなるけれど実務に結びつけるために「翻訳」するのが難しい。
ドラッカーの本なんかも、
もちろん読んでいてすごいなーためになるなーと思うのですが、
哲学的で抽象的で、
実際の仕事の実務に活かそうとするには難易度が高い。


かたや「簡単すぎる」ものは「個人の経験談」を中心に書かれたもの。
簡単すぎるというと語弊があるのですが、
ここは比較をわかりやすくするためということでひとつ…苦笑。
「個人の経験談」からももちろん学びを得ることは可能ですが、
すべてがすべて自分に真似できるものでもないし、
真似したからといって本当にうまくいくかどうかわからない。
またその人がマネジャーとして成功したのは環境や運に恵まれたからであって、
経験談の中に描かれているマネジメント行動を取ったからとは言えないのでは?と思うこともしばしば。
いわゆる「生存バイアス」というやつですかね。


ちょっと極端すぎますが、
こうして両者と比較すると、
この本はとても「バランス」がいい本だと思います。
つまり「学術的な研究」と「個人の経験談」がうまくミックスされながら、
よいマネジャーになるためにはどうすればいいかが描かれている。
先生が過去に実施されたアンケート調査の結果をちゃんと統計的に示しつつ、
数字だけではカバーできない部分については、
実際にマネジャーとして活躍する方々へのインタビュー調査から得られた「生の語り」として加えることでうまく補完し、
さらに説得力が増していると思います。
駆け出しマネジャーの成長論 - 7つの挑戦課題を「科学」する (中公新書ラクレ)

その他の感想

まったく滑らず!!!!
薄い、小さい、軽い~
堅い木には向かないです
相変わらずのヤマシタ節
キャスティングはまずまず……
まとまりのあるシナリオと美しいCG
思った以上に便利です
超強力な回転!
不良品な為、大きな損害を受けました。悪質な出品者です。
必要な機能をコンパクトに仕上げてあります
汗アレルギー対策でも有効
コスパ高し!!
爽やかです!
地元紙の意地
もっと早く買っていればよかったです。
最大の特徴は前回になかった食事デートでの著者の振る舞いが記載されてる
良商品。
衝撃のホオジロ鮫、ジャンプ映像!
参考書
強烈なインパクトがある
よこみち4000時間だそうです。
ブルーハワイのかき氷を大量生産できます
バスタオル掛けを取り付けるのに、
中学時代に決着!
想像通りの商品
ハーモニカのイメージが大きく変わります
雪花
良い作品でした!
”遊ぶ”にもコツがある
小学生高学年の娘に購入
戻る