アップサンプリングの妙
ALAC形式データをiPod classicを前段に、
ULTRASONE Edition 8、
またはSHURE SE846に出力しています。

FOSTEX HP-P1から台風君(本機)に乗り換えました。


結論を申せば、
台風君導入は大正解!

アップサンプリングには否定派と肯定派がいます。
「元々存在しないデータをいじくっても無意味」。
確かに一理あります。

しかし、
昔からボクは感覚的には肯定派でして、
リビングオーディオでもアップサンプリング機能付DAC(north star designの初代192)を愛用していました。


感覚的に言えば、
台風君のアップサンプリングモードで奏でる音は繊細で鮮やか。
ハードロックのゴリゴリした粗さとパッションは失せる傾向ですが、
ノイジーなデジタル信号特有のストレスとは無縁のアナログ的な響き=ハーモニーを伴って音楽に浸れます。

まさしくアップサンプリングの妙です。


理論的に言えば、
これはハイレゾ再生とは根本的に違います。
「ハイレゾっぽい」だけのことです。
しかし理論上でもアップサンプリングの効果は説明出来ます。

CDや多くのマスター音源で規格化された44.1kHz/16bit音源では22kHz信号超で必ずエイリアス歪み(折り返しノイズ)が発生し、
また22kHzの再生帯域アッパーを超えた途端に再生音はストンと減衰します。

96kHz以上にアップサンプリングした場合は22kHzを超えた信号でも自然界の音のように緩やかに減衰していき、
またエイリアス歪みも回避出来ます。

この自然界に近い「空気感」「自然さ」を特に高域において醸し出すことが出来るのがアップサンプリングDACの妙だと考えます。

「データを仮想補完しているに過ぎない」と単純に片付けられない理由がここにあります。

(他にアップサンプリングにより、
ジッター = デジタルクロックのタイミング的な不安定さを抑制する効果もあるとのこと。
ジッターについてはイマイチ不勉強なのでこれ以上は言及しませんが。
笑)
Venture Craft ポータブルヘッドフォンアンプ SounDroid Typhoon ハイレゾタイプ SDT-A10

その他の感想

とても経済的で良いと思います。
簡単カスタム
ちゃんとニオイを取ってくれます。
ゴルフ親父
わかりにくい行政法の理解に
ファイリングの「基本」を再確認するために
極端すぎますね
家でもお出かけ先でも★
平井さんの新しい面も出ています。DVDも必見!!!
ハイレベルな絵と、濃い専門的な内容に圧倒されました!!
永遠の名作
人によりますがお勧めです。
特典はBが見ごたえアリ
部屋が熱くなりますが
どのブランドのページもすごく新鮮♪ FTISLANDのスーツも渋カジでかわいい♥
ちょっとした手土産などにも(*^o^)/\(^-^*)
丁寧な解説書です
貴重
泡切れとしっとり感のバランスが良いが、泡持ちが悪い。
2階窓際に設置しているTVはバッチリ映る!
愛に包まれましたv
剃り味良し
yochinechyn
強力撥水性能。
購入の際に参考にしてください。
コンパクトに収納するにはベスト!
物足りない。
読んで損はしません
軽量・コンパクト・丈夫で安価
いい工具だったよ。
戻る