地味な「野の役割を見直す」発見の本
 本書は意気込みとして「深層文化」という名文句を使っている。
稲(米)の文化が表層文化で、
粟の文化が深層文化か、
ということになりかねない。
穿ちの評価ができないではないが、
謙虚に落穂拾いと言っておくのがいいのかもしれない。
イネ一辺倒で見てきた従来の常識に警鐘を鳴らすものかどうかは、
著者自らか言うことばではなく、
第三者の評言であるべきだろう。

 内容については、
これまで見落とされた視点で、
陽の目をみなかったもの、
人ならば「在野の逸物」に目を向け、
人材の発掘に類している。
「野の役割を見直す」という第3章が百ぺーじにわたり本論の中軸となり、
野に関わる古今の事物を網羅しようとする意欲が見られ、
総花式ながら参考になることが多い。
本書のタイトルにするには、
地味ながら、
もともとこれらの野にあるものの価値を見出す姿勢というものは、
地味でいいのだろう。
「やはり野に置け蓮華草」役に立つことが満載されているから、
いずれ必要に応じて再びひもとこう。
「野」のつく地名など必ず役立つと思っている。
日本の深層文化 (ちくま新書)

その他の感想

シンプルでかわいい腕時計です
全面改訳を強く望みます
長く使うなら、半音も弾けるこちらをぜひ。
ハーブティー
子供も大人も楽しめる!
これから聞き続けます!
この専用ACアダプターは、やはり持っていた方が良い
すごくイイ!!
秋元康が中原中也を語るな!
発行時期に注意
ボリュームを実感!
向き不向きあり
本当は★0
マンガを読む感覚で盆栽の作り方を勉強できます。
中学生の娘の通学用に
出会えて良かった。
本当にかわいい本
アメリカ依存型から脱却すべき日本の「安 全 保 障」の提言.
42 inch だとこんなに振りやすい~
練習しがいがある
本編のおもしろさは言わずもがな!
取材記が秀逸なノンフィクションとなっている
現在夜鳴きのお子さんをもたれている方には星5つ
楽しみ★
小分けになっていて、とても使いやすい
キャンドルとして使っていません
キッチンのシンク下にぴったり入りました
脳科学本は、ほどほどに
音が好き
裏側は角型です
戻る