もはや過去の遺物か
かつてはセンター数学高得点者の必須アイテムだった本書だが、
ここ数年のセンター試験の難化に対応できなかったようです。

まず扱っている問題が古く、
実践Toolで解ける問題を選んで掲載しているようにしか思えません。
実際に昨年度版までは過去3年間のセンター過去問が掲載されていたのに、
これがカットされた理由も不明です。
昨今の難問は実践Toolだけでは解けないと認めているようなものです。

また数列やベクトルより簡単な「確率分布」を扱っていないのもいただけません。
数列かベクトルのどちらかが難問の時は、
10分で(分散と標準偏差以外)解けて15点(/20点)は確保できる確率・統計を選択するのが賢いやり方です。

ここ数年の2次試験化、
あるいは発想力重視傾向を強めたセンター数学は、
単純な計算テクニックだけでは完答できません。
またマーク量も膨大になっていて、
昔の問題のように、
穴埋めの形式から解答を予測して答えを埋めるような手法も通用しにくくなっています。

センター試験は数学に限らず、
漢文や公民などもかつては通用していた裏ワザや手法では正解できないような問題が増加しています。

結局のところセンター数学で満点を狙うには、
2次の難問でも解答できるような実戦力と、
誘導に乗れなくても地道に計算で答えを出せるような計算力・集中力を養うしかないみたいです。

その点では本書よりも同じ東京出版の「月刊大学への数学」「1対1対応の演習」あたりをしっかり取り組むのが、
遠回りなようで一番近道かも知れません。
センター試験必勝マニュアル数学2B 2015年受験用―新課程版

その他の感想

ちょっと気持ち悪いかも
1歳の男の子からOK!取り合いになる絵本です。
あえてこの版(Norton Critical Editions) を選ぶ必要なし
読みやすい投資の入門書です。
付けないよりは付けたほうが…
美味しかった
ただ一言購入すべきではない
最高に気に入ってます
自宅レッスンに。大人です。
値段ばかり値上がりしてますが・・・・・・・・・・・・・
定番の1冊
新しいバーチャロン
そのノウハウはプライスレス
見た目スッキリ、スマートで気持ちいいです
品の良い水色
パイロットランプで消し忘れ防止にも
夢のような本
朝日と岩波はセットである
気持ちいい〜
第1巻は鈴木みその電子書籍(電書)成功譚を元にした物語
実用性十分
シンプルで単純ながら楽しい
3本連続で不良品⇒バルブコア締め付け不良でした
ECで上手くいかないと困憊している方や、ECを簡単に成功できる魔法の杖と思っている方に!
コードだけがメールで届く。
履き心地良好
多彩なガイメタル収集とカスタマイズ、操作はサクサク
三ヶ月目です
写真入りで助かりました。溶接が取れました。
嵐だから出来る離れ業
戻る