国際会計基準をめぐる各国の駆け引きと日本
「世界基準は、
理論だけで決まるわけではありません。
それは会計も同じです。
少しでも自国にとって有利なものとする。
それには基準開発にあたって開発者サイドで積極的にかかわることが最善の手段です」。


IFRS(国際会計基準)が作られてきた経緯や背景、
そして各国の思惑や考え方について説明した本。
IFRS自体の個別の会計処理方法の特徴についても適時述べられてはいるが、
既存の日本の会計方式と科目別に細かく比較解説することを目的とした本ではない。
著者は公認会計士・税理士。


現在のIFRSは完成形ではなく現在進行形。
そして現在その思想の基本には「最高規範」に基づく英国式の考え方がある。
元々アメリカは自国基準を国際基準とすることを目指していたが、
エンロン事件など数々の会計上の不祥事によって米国基準が世界的な信頼を失ってゆく。
限界に突き当たった細則主義に替わり、
英国流の原則主義が台頭する。
国際会計基準についての議論の底流には、
このような文化、
伝統、
国益に基づく綱引きがあると説明されている。


一方、
日本はどちらかというとこのような国際的な駆け引きに振り回されることが多かったようだ。
会社法や税法との整合性の問題もある。
マルチスタンダード化が進む中で、
現在利用されている会計基準だけでも以下のとおりになっている。

・IFRS
・日本基準(ASBJ)
・中小企業会計指針(中小企業庁)
・簡易版中小企業会計指針(非上場企業の会計基準に関する懇談会)
・企業会計原則

グローバリゼーションが進む世界。
英国とEU、
米国、
が覇権を争う会計の国際基準に対する議論の中で、
日本もその潮流には合わせながらも筋の通った主張を行い、
適切な役割を果たしてゆくことを著者は提唱している。


尚、
特に指定はないものの、
本書はどちらかというと会計についていくらか基礎的な知識を持っている人向けではないかと思う。
IFRSの会計 「国際会計基準」の潮流を読む (光文社新書)

その他の感想

なかなかに
小型記憶領域
期待してました・・・
食で人生が変わる
シンプルなスポーツミニゲームが沢山♪
短歌、和歌、俳句、詩のよみ比べ入門
大きい女の子は好きですか?
うわ、、
平子理沙ファンなら購入して損はなし!
いつもの安定感だなぁ
妻が気に入っていました
伸びがいいです。
microSD
具体的な修理内容がない
電波ワイヤレスの革新 液晶も使いやすいです
圧縮性流体で最も説明が上手かった参考書
色選べれないのが残念・・・
皮膚炎になり、皮膚科受診しても改善しないかったのが改善!
緊急度を重視しない人生
読後感が…
練習には最適!
室内用ミニこいのぼり
においが消せます。
推理,恐怖小説短篇8話
見せたいのはどこ?
足が長すぎる。
にせもの
A good attempt
米とぎとしてはとても便利な商品
若干、小さめサイズ
戻る