宇野派の重鎮が著した解説書
 本書は東大名誉教授で、
現在、
國學院大學にて教鞭を執られている伊藤誠の著書です。
宇野派第2世代の重鎮の書いた資本論の解説書です。
著者はこれまでも「幻滅の資本主義」などを著しており精力的にマルクス経済学の普及に当たっています。
本書も資本論を分かり易く解説しています。
然し、
宇野経済学なので宇野弘蔵の影響を受けている面は否めませんが、
その点を割り引いても素晴らしい本です。
近年、
マルクス経済学に関する本が出版されにくくなっているので文庫本サイズですし読みやすいと思います。
分量があるので結構、
読み応えがあります。
入門書としては最適だと思います。
『資本論』を読む (講談社学術文庫)

その他の感想

子どものために、自分のために、家族のために…オススメです!
パソコン用に購入、音が静か、気に入っております。
色やデザインはとても可愛い
今まで使った中で1番よい
本当にオススメです
格安!
作画は残念、シナリオは神
早くなじませたい
選手達の成長が見られる巻
3歳児が日本地図マスターしました
手前半分がスラント加工されています
レベルは高いが、正答に至る道筋が示されている。
ラブ?orヘイト?
残念ながらそれは知ってた
賃貸バブル
初めてだったけど……
プロジェクト管理におけるデザイン面での問題解決を事例と合わせて理解できる
まだ雪は降っていませんが
悩んでいるときに、背中を押してくれる本
結局買いました☆
シリーズで最もお気に入り
誰もが知りたいと思っていた食の安全問題に真正面から切り込んだ著書だ
性=生=政だった時代
これが最初で良かったの?
傷もまた味のあるウッドテーブル!
重厚な大作
普通の靴下と同じ感覚
品質がいい
アロマセラピーをより深く知りたくなった一冊
内容もだが
戻る