経済学初心者にとって最重要本
経済学を最初に基本的な考え方をどこから学んでいいかというとこの本から始めるのがベストと言えるでしょう。


まず本書の骨子を説明すると
1.イントロダクション
2.ミクロ経済学
3.マクロ経済学
の3つから構成されています。


特に1.は経済学をこれから始める方には最重要でして、

経済学の十大原理
経済学者らしく考える
相互依存と交易(貿易)からの利益
をしっかり身につけるべきです。

何故ならばこれらの経済学の基本中の基本を身につけると他書を読む場合でも応用が利くからです。

日経新聞を読む場合でも今までよりも深く洞察する事ができます。


何よりもマンキュー経済学が世界一読まれているのは各々の経済事象を身近な事柄に置き換えて、

親しみやすく且つ楽しんで理解できるからです!

そして各章毎に復習問題を用意しています。

やはりこれらは各章を読み終えたら早急に解いてみてわからなければ、
また本文に戻って読み直す作業を
必要とします。
これは著者のマンキュー自身が強調している事です。
ノートを1冊準備してください。

水準としては経済学初心者用に開発されたコア・テキストです。
加減乗除とグラフの読み方さえわかれば
誰でも読めます。


これを実行するとやたら骨が折れる、
労力の要る本だと思われるかもしれませんが、
実際様々な経済学書を
何十冊と読んでいくよりも近道と私自身実践してみて実感していますし、
この点に関しては自負があります。

まず本書で経済学の基本を身につけて、
徐々にレベルの高い経済学書を読む方が結局は近道になります。


いきなり難しい事を複雑な事を実行するよりも簡単な事柄を1つ1つマスターする方が応用も早く身につく事は
池谷裕二氏が解説した脳科学の論文でも実証されています。

是非基本を身につけて新たな経済学の世界へ飛び込んできて欲しいものです。


ミクロ経済学の項目に「供給の減少が均衡に与える影響」というグラフがあります。
マンキュー入門経済学

その他の感想

こんなピアノの先生がいてくれたら
色合いがいい。
こんな凄い連中がへき地医療を支えているのか!
こちらの使い方もあると思いますがすぐ壊れてしまいました。
使い勝手とか
ボックスの構成が酷すぎる
面白くはあるがためにならない
タロットカードの意味がよくわかる!
モデルチェンジ
【絶賛】住宅ローン関係者は、読んで損はない内容です。
大変楽しく見て制作しています
気になる臭いがかなり薄まります。
朝食食べます!
サクサク記入可能
はがれません
とってもきれいなお米
25年乗車のカローラの窓も、大雨の日でも視界良好となりました!
ただの粗悪品
高次脳機能障害を負わされた者にとって回復の助けになります
世界の歌
やっぱ、ダウンロード販売で買うには申し訳ない歌唱力です。
リージョン1海外DVDの視聴のため購入
この知識なくして金融問題は語れません。たぶん…
成長した先輩社員と未熟な新入社員
大容量で軽量
カチャカチャ音
九州南部在住
これは買いだと思います。
レビューを見て正解でした
もうちょっとユーザーターゲットをはっきりさせて欲しかった
戻る