あるある37の小技が効いてる
はじめにを一部抜粋する。


「日本アムウェイは1979年に営業を開始しました。
ということは35年にわたってビジネス活動がおこなわれているわけですから、
もう老舗の会社といっていいかもしれません。

 日本のアムウェイ・ディストリビューターの数は74万組(2012年度。
「組」となっているのは夫婦や親子の連名で登録している人もいるから)で、
製品だけを利用するメンバー会員をあわせると、
その数はさらに増えます。

 そして、
日本での2013年度売上高は969億6800万円(前年比 3.4 %増の2年連続成長)で、
世界合計ともなると118億ドル(2013年度。
新記録達成)というとてつもない金額になります。
これほどまで成長しているネットワークビジネスは他にありません。

 これらの情報はアムウェイ世界の住人にとって当たり前のことですが、
アムウェイとかかわりのない人には「はあっ?」という話でしょう。

 しかしその反応は、
これだけたくさんの人がアムウェイをやっていて、
巨大な金額が動いていることを考えると逆にちょっと不思議で、
アムウェイをやっている人とやっていない人との間には壁があると思わざるを得ません。

 それどころか、
ネットで調べると、
アンチ・アムウェイの意見がいまだに投稿されつづけています。
これはいったいどういうことでしょう。

 どういうことなんだ、
ということで読んでみたら、
知りたいことが書いてあり勉強になった。

 全体的にみると、
アム愛の配合が多いが、
それでもインサイダーが問題提起している嫌われる部分
(デモ、
ラリー、
勧誘、
誇大商品説明、
マケの問題など)がけっこうある。

 できれば、
続編で、
なぜ日本アムウェイは株式会社から合同会社になったのか、

ダイヤモンドDD以上のピン・レベルから降格したディストリビューターの話、
第一世代ディストリビューターの芸能人など
の話題を盛り込んでほしい。

 結論。
シンパからアンチ、
アムウェイ以外のネットワークビジネス従事者まで楽しめる珍しい本ではないだろうか。

 本の内容、
アムウェイの動向(2013年度、
世界売上げで新記録達成)などは、
愛されるアムウェイ嫌われるアムウェイ

その他の感想

曲目。
研究者の想い
大好きなかばんのひとつ
ハードなSF映画が流行って欲しい
コンディションが良くなりました。
眼にコレジャナイ感はあるが、出してくれたことに感謝
気づかされた大切なこと
袖が短い
まぁ良い!
海外で使えました。
SATO 米麦水分測定器(米麦水分計) SK-1040A
機能が不明
アロマペンダントとしてとても使い易いです!
主観的すぎて残念です
人とのつながりを実感する日本国内の旅
ドット入り必須
豊富な曲数・・・
古いいレコード引っ張り出してディジタル化して楽しんでいます。
値段と比較して高く感じる
ポッ拳に関してはやりやすい
楽しくてどこか切ない官能日本史&古典入門エッセイ
ペラいです!
bose soundlink miniと比較して。
認知症で嚥下障害、かなり食べこぼし&よだれがある父に。
3/23配信のアプデで念願のVitaTVに対応!
マクロ・ミクロ経済学基礎の金融分野への応用を分かりやすく書いた一冊だと思います。
更に広がるメタリックガーディアンの世界
こういうプリキュアもいいね
友人から勧められて購入しました。
送料無料で…
戻る