広義の関ケ原合戦を扱った関ケ原町公認の一冊
天下分け目の関ヶ原合戦の舞台である岐阜県関ケ原町が制作に関わって完成した、
初の関ヶ原合戦本。

関ヶ原検定の公式テキストだから「公式本」なのではなく、
関ケ原町公認という意味での「公式本」が正しい。


関ヶ原合戦の本戦は、
美濃関ヶ原においてわずか1日で決したが、
関ヶ原での1日をどんなに深く掘り下げても、
関ヶ原合戦の魅力の半分も知ることはできない。
関ヶ原合戦とは秀吉の死去から関ケ原での本戦、
そして戦後処理に至るまでの数年間にわたる覇権争いであり、
その間、
大坂で、
関東で、
東北で、
九州で、
そして畿内や美濃周辺一帯で、
様々な謀略や戦いが繰り広げられていた。
こうした時間的空間的な広がりすべてが関ヶ原なのであり、
それゆえ関ヶ原合戦は史上最大の合戦といわれるのである。
また、
関ヶ原にかかわる全国の武将たちの個性や生き様を加えれば、
関ヶ原の魅力、
関ヶ原の見方は、
それこそ無限大といっても過言ではあるまい。

関ケ原町では、
これまでは町内の観光案内に力を入れてきたが、
これからは、
よりよく関ヶ原合戦の歴史や魅力を伝えるために、
広義の関ヶ原合戦の研究をすすめようと考え、
これを「関ケ原学」と名づけた。
そして、
その端緒となる本をまとめるにあたり、
自力では全国的な流通はおぼつかないと考え、
戦国本の制作実績豊富な学研にタイアップを申し入れた。
そして、
同じく全国から参加者が集う関ヶ原検定を実施するために、
あえて自力開催を封印し、
戦国検定の実績豊富な日販ともタイアップすることにした。

つまり、
広義の関ヶ原合戦を研究する関ケ原学がまずあり、
その成果本としての関ヶ原合戦公式本があり、
その延長線上に関ヶ原検定がある。
これまでの戦国検定=公式テキスト・問題集とは一味もふた味も違う戦略性が、
この一冊には込められている。


内容をみてみよう。
まずは、
これまでの検定本にはなかったカラーページ。
関ヶ原合戦公式本

その他の感想

洗濯しても色移りがありません。
ダストシートが使い物にならない。
「マッサン」の原作だと思った
バッテリー関係は恐いので純正を選択
着画像と実際の商品は同じものなんですかね??・・・
ケーブルで音が変わります
エイズ・ウイルスが新しい遺伝子治療のエースだという驚き
シンプルで気に入りました
チョーカーとカフスが可愛いです。
各国の郵便事業体の話は参考になるが、Toll社買収の話が盛り込めず新しい中期経営計画発表ともすれ違いのタイミングでの発売になったのが残念
安くてありがたい 
やっぱり悪役も欲しい
興味を持った方へ
猫との相性ですね ※後述:意外といいです
上に重い物を乗せると簡単に凹みます
フタ裏のファスナーのつまみが本体に接触して・・・・・
分散分析のことがよく分かる
女性にこそ使っていただきたい製品です
NASとしては・・・
まじ! 最高
このジャンルに飽きてきた人にこそオススメ
我が子のお気に入り
ファンなら大満足!
超訳にご注意を!
買って損はありません!
健康一番!味も一番!
知識の整理のための本
なかなかに
デザイン、使い勝手ともに満足です
ポジションランプ使用
戻る