このアルバムも、大絶賛に値する素晴らしい出来だった。彼女の素晴らしい歌を、もっともっと多くの人に聴いてもらうためにも、さらなる続編も期待したい
「Singer」が発売されたのが2010年10月。
大半が演歌のカヴァー曲アルバムは続々と発売されている中、
一向に続編が発売される気配がなく、
やはり彼女のファンには演歌のアルバムしか売れないのかとも思っていたのだが、
ようやく3年振りに、
待望の続編が発売された。
 

早速聴いてみたが、
いやはや、
このアルバムも、
本当に大絶賛に値する素晴らしい出来だった。
まず、
ポップスからフォーク・歌謡曲に至るまで、
このアルバムのバラエティに富んだ選曲を見てほしい。
あらゆるジャンル・曲調に及ぶ曲たちを、
彼女は、
原曲を歌う歌手に全く引けを取らないどころか、
それを凌ぐような歌唱力で、
見事に歌いこなしているのだ。
 

冒頭の「MY HEART WILL GO ON」では、
力を溜め気味にして、
ラストのサビで、
圧倒的な迫力で一気に解放してみせる。
続く「かもめが翔んだ日」では、
パワーだけで押し切る渡辺真知子とは一味違う歌唱を聴かせている。
そして、
3曲目の「SWEET MEMORIES」。
どこか若かりし頃の松田聖子を髣髴とさせるような艶のある甘い清純な歌声で、
しっとりと情感豊かに歌ってみせている。
4曲目の「シルエット・ロマンス」も、
しっとりとした情感と、
得意の高音を駆使したサビのコントラストが絶妙であり、
これらの曲を聴いていると、
彼女が、
単に人並外れたパワーだけで押し切るような歌手ではないことが、
実によくわかるのだ。
 

そうかと思えば、
続く「ヒーロー」では、
乗りの良い抜群のリズム感で、
アップテンポのポップスも、
見事に歌いこなしてみせている。
歌っている歌手が誰かを知らないままこの歌唱を聴いて、
これが演歌歌手の歌唱だと分かる人が、
果たして一人でもいるだろうか。
これ以上は同じ絶賛の繰り返しになるので、
詳細に触れるのはもう止めておくが、
「マイ・ウェイ」の歌唱は凄いの一言であり、
ぜひ、
自分の耳で確認してほしい。
「WHEN A MAN LOVES A WOMAN」、
「逢いたくていま」、
「酒と泪と男と女」、
「わかって下さい」、
「メリー・ジェーン」も、
もう貫録の名唱だ。
SINGER2

その他の感想

クッションは使っていません。
軽くてかっこいい。サイズも
首について
見た目はカッコイイが変わらず
氷水の世界が広がる
ウインドスクリーンと一緒に
ウルトラQ
商品を気に入って再度注文したのに残念です
カスタムすると……
非常に簡単
疲弊しきった医療界に革命がおこるかも?
こんなヌードを待っていた
淡いピンクべージュの庖丁で楽しくクッキング^^♪
音楽を深く知るための好書
個人向けのヤフー出店ガイドブック
タイトルに若干の齟齬あり
異質の存在
驚くほど薄い書籍。購入前に書店で現物を確認した方が良いです。
アダプターのみのばら売りを強く希望する
ちひろさんから入った者です。
被り心地も良くとても気に入りました。
最安では?
使い勝手の良さから、筆まめに戻ってきました
東洋医学に興味があるなら買うべきな本
うーん?コスパOK
もう一つの炭酸水より安かったので購入。
さっぱり!
DBR-Z410使用可能
シリアスなテーマですが、夢中になって一気に読み終えました
よくできてる映画、面白い !
戻る