面白さが交響する第二巻
吹奏楽でバトルする激情ストーリー漫画の第二巻です。


第二巻では、
第一巻に引き続き主人公が徐々に吹奏楽部員の信頼を獲得し、
さらに指揮者としての成長の階段を駆けあがっていきます。
また、
それとともに第二巻では、
主人公のライバルとなる天才、
圧倒的な実力をもつ競合校、
主人公をガイドする世界的指揮者の存在が語られ、
吹奏楽部内をメインとしていた物語が徐々に外へシフトしていきます。


このため吹奏楽部員との対話というストーリーラインに加えて、
ライバルや他校とのしのぎを削るバトルの予兆、
若干のラブコメ、
主人公の成長というラインが並行して描かれています。
これらのラインはただ併存しているのではなく、
たとえば他校とのバトルが吹奏楽部員の共感と主人公の成長の契機となるなど、
それぞれのラインが相互に交差して物語を盛り上げ、
まるでアンサンブルのような構造を物語に与えています。

そのような構造の物語ですが、
進行テンポ自体は速めに進み、
冗長さはまったく感じられません。
むしろテンポがよすぎるくらいな気もします。
ジャンプ本誌で読んでいると打ち切り決定かなと冷や冷やしてしまうほどでした。

また、
本作の重要な特徴であるファンタスティック吹奏楽バトルとビジュアルイメージはとどまるところを知りません。
指揮の挙動は虹のアーチを描き、
タクトの軌跡は四季を醸しだし、
精神は地雷や長い長い男坂として描かれるなど、
よりバリエーション豊かなイメージへとエスカレートしていきます。


全体としてみてみると、
派手な吹奏楽バトルとビジュアルイメージに目を奪われがちですが、
ただたんにバトルが派手なだけならばすぐに飽きてしまいます。

結局、
豊かなイメージで描かれる吹奏楽バトルとイメージ、
バトル・成長・ラブコメ・対話というストーリーラインの交差、
テンポのいいストーリーなど物語全体がうまくまとまり、
相互に響きあっているところが第二巻の面白さの核であり、
派手で熱い第一巻とはまた違った面白さをあわせもつ漫画になっていると思いました。
SOUL CATCHER(S) 2 (ジャンプコミックス)

その他の感想

LR改善&連射機能
雰囲気抜群です!
商品自体は最高の品、しかし・・・
かわいい色使いで、気に入っています。
小物を入れるには
手が疲れる、スチーム物足りない
「組織開発とは、感情のマネジメントである」
これを食べると
大人になってからの、高校野球は輝いている
つかえん
すごく良いですよ
家庭版はPS2太鼓の達人 タタコンでドドンがドン以来
最先端の治療情報
手軽に使用出来る。
LA300ミライースに使用
実例がまとまっています!
栗原はるみ・・・恐ろしい
ワンランク上の書き心地
便利で可愛い☆
少し細め
木粉粘土の造形物塗装の為の表面処理用に
やっと希望のケーブルにたどり着きました
完成度は高い
ネットならではの商品
ハイレゾに興味を持って買い漁りました 
アメリカ人の友達に喜ばれました
休日のお供
ホームセンターのほうが安い
お子様用にはいいかも…
覚えやすい!
戻る