Rainbow最終章の幕開け
革命には反対と批判、
圧力が付き物ですが、
これほどまでに過小評価されている作品もそうないでしょう。


言うまでもなくロニー・コージー時代は最高です。
僕自身もRainbowの最高傑作は?と聞かれれば2ndと答えます。

確かに2ndは楽曲・演奏・世界観の完成度と、
どれをとっても非の打ちどころがありません。

グラハム・ボネットが唯一残したDown to earthも素晴らしいです。

この作品も叩かれていたみたいですが、
三頭政治時代以外の軟弱なRainbowは認めん、
という人はリッチーの表現したい抒情性の奥の深さを理解していないと思います。

ロニーやコージーは僕も彼らのソロ作を追うぐらい好きですが、
やはりバンドの中心はリッチー・ブラックモアその人です。

Rainbowは良くも悪くもリッチーが己の全てを表現するためのバンドだと思います。


そして、
まさに虹の如く七色に輝く音楽性を持っているのが僕の中でのRainbowのイメージです。

この作品、
そしてこれ以降の作品でもしっかりとリッチーの抒情性は表現されています。
Rainbowにとってはそこが一番大事なのではないでしょうか。


多くの方の指摘の通り、
音は軽くなっているでしょう。
そりゃあコージーはいませんし、
ロニーの描く中世的な歌詞もありません。

しかし、
その二人がいなくなっただけで、
Rainbowが凡百のHRバンドに成り下がったといえるのでしょうか?
Spotlight kid、
Can’t happen hereではハードにロックンロールしていると思うし、
Maybe next timeやDifficult to cureはリッチーの抒情性そのものであると思います。

I surrenderのラストのソロをはじめ、
リッチーのストラトも初期の作品に負けないくらい鋭いサウンドを持っていますし、
メロディックなプレイには磨きがかかっています。
また、
No Releaseのアウトロのソロも、
チョーキングにビブラートにリッチーらしい狂気が表れていると思います。
Spotlight kid、
Difficult to cureのキメはまさにリッチー節炸裂といったところでしょう。
Difficult to Cure

その他の感想

すまらしぃ
D.マッカーサーへの回答
娘も満足です!
センスがない
写真と違う商品
履き心地がすごくいい!
鶏胸肉が鶏もも肉に
アクションゲームか?
当たり前のような高品質
効果はわかりませんが、リピしてます
難はあるが他にはない一品
線がひどい…
大容量で丈夫です
所謂、お布施と考えるべきです。
蓋が・・・
やった〜
文句なしに可愛い!!そして使いやすい!
お出かけに万能バトル!
ipadに対応
強力粉100%ではありません
リズムオンチの自分でも踊れるようになるかも
アイデアは素晴らしいがもっと機体の強度と解像度が欲しい
各フェーズにおけるIOSアプリに関する有益なノウハウが本書には記載されています。
穴があいていました
ちょいかけにはもってこい。
安価でいい。耐久性は?
腎臓の悪い母のために購入しました
はかせやすい
ルイス・カーンの住宅論
いきなり初期トラブル
戻る