日本の国宝を良く知るために
基本的に見開き2ページで1つの国宝を素晴らしい写真とともに紹介しています。
国宝ばかりですから、
眺めているだけで美術鑑賞になっています。
ただ誌面の関係でしょうか、
国宝第1号となった広隆寺の弥勒菩薩や法隆寺の玉虫厨子など、
写真入りで紹介してほしかったものもありました。


本書の内容です。

国宝鑑賞への招待、
これだけは知っておきたい国宝鑑賞用語、
都道府県別国宝の数は?、
見ておきたい国宝はここにある

縄文・弥生・古墳時代 日本文化の黎明期、
縄文のビーナス(尖石縄文考古館)、
縄文雪炎 火焔型土器(十日町市博物館)、
これも見ておきたい! 縄文、
弥生、
古墳時代の国宝

飛鳥時代 仏教に国造りのベースを求めた、
高松塚古墳壁画女子群像(高松塚古墳)、
丙子椒林剣/七星剣(四天王寺)、
菩薩半跏像(中宮寺)、
百済観音(法隆寺)、
救世観音(法隆寺)、
釈迦三尊像(法隆寺)、
金堂(法隆寺)、
五重塔(法隆寺) 

奈良時代 仏教が国家権力の象徴となった、
阿修羅像(興福寺)、
盧舎那仏坐像(東大寺)、
正倉院(正倉院)、
薬師三尊像(薬師寺)、
鑑真和上坐像(唐招提寺)、
十二神将立像(新薬師寺)

平安時代 権謀術数と怨霊が闊歩した、
薬師如来立像(神護寺)、
中尊寺金色堂(中尊寺)、
弥勒仏坐像(慈尊院)、
十一面観音立像(法華寺)、
醍醐寺五重塔(醍醐寺)、
釈迦如来立像(清凉寺)、
平等院鳳凰堂(平等院)、
阿弥陀如来坐像(平等院)、
雲中供養菩薩像(平等院)、
平家納経(厳島神社)、
三十六人家集(西本願寺)、
源氏物語絵巻(五島美術館)、
伴大納言絵詞(出光美術館) 鎌倉時代以下は字数の関係で省略します。
よくわかる国宝 国宝でたどる日本文化史 (楽学ブックス―文学歴史)

その他の感想

中国の人の思惟方法を、言葉から考察する
海外のレトロゲームの香りがする、バーチャルボーイの看板ソフト。
昇降式便利
バウンティ ペーパータオル ぴったりでした
価格と拡張性ではイチバン
使い易いんだけどコツも少々必用かな?
YONEX(ヨネックス) のテニスシューズ パワークッションSHT-161LT
効き目は個人次第かと
そんなに良くない
シナリオはOKなんだけど・・・
想いをうたにして送り合う恋のものがたり
すごい!の一言です
懐かしすぎる
靴のサイズが
毎度安定のネタバレ感!!
追加購入したら、1日で穴が…。
見せるだけです。すみません
汚れには強い!でも肝心の温かさが…
マフラーを磨いてみた
見ているだけでも楽しいッ!
おかしなお辞儀
単純だけどお気に入り
写真と違いすぎ
(・∀・)イイネ!
楽しみです。
Webサイト運用のプロセスを通じて多くを学べます
いいかんじ
勘違いしているレビュー
蛇腹式のお風呂の蓋の補修に
ミクの方は可愛いとかじゃなくてパンチラの気にした感じです
戻る