「力のある学校」という考え方
この本によると、
そもそも日本で使われる学力という言葉は日本独特のもので、
英語で同じニュアンスを指す単語を見出すのは難しいらしい。

なるほど、
私たちは「学力」と聞くと、
ペーパーテストや高校・大学入試のような点数化できるものを想像する。

だが、
これほどまで日本人を悩ませ、
一喜一憂させる学力という概念は、
世界標準ではなかった。

世界では判断力や思考力といったものを含めて、
もっと広い捉え方がされている。


「データや根拠にもとづかない主張はしない」
著者の持ち味は既成概念や学界の狭い枠にとらわれずに、
物事の本来の状況を的確にわかりやすく捉えようとする視点であり、

また、
自分の考えのよりどころを現場から得ようという、
頭だけでなく足も使った研究姿勢。

だから書いている内容は理解しやすく、
突飛さがない。


一般に「親が高学歴ならば子どもの学力は高い」「親の収入が多いほど子どもの学力は高い」というようなことをよく聞く。

確かに全体から見た傾向ではそれは正しいだろう。

しかし著者はフィールドワークの結果「親が学歴でも収入でも恵まれていない家庭が多い学校で、
それらが恵まれた学校を上回る成績を出す学校」の存在を発見した。


教師が個人でなく集団で取り組み、
そして家庭訪問などで学校外もフォローする…地道で単純で即効性があるわけじゃない。

だけど、
学校が家庭が地域が同じ方向を向いて協働した結果、
従来の説なんか蹴り飛ばすかのような痛快な結果につながった。


子どもの学力を上げようとするのなら、
塾に通わせ、
家庭教師をつけて…といったことをすればいいのは素人でもわかる。

それが経済的理由などで全員ができるとは限らないから問題なのであって、
今の日本教育の危機には、
そんな当たり前の処方箋は意味がない。

本当に現場の視点から出た、
現場の状況に応じた柔軟な提案。
それこそが私たちみんなの求めているものだし、
実践できるもののはずだから。


ただし、
志水氏も「これは特効薬やマジックじゃない」とは認めている。

例えば、
力のある学校でも、
落ちこぼれる子どもの層は確実に存在する。
学力を育てる (岩波新書 新赤版 (978))

その他の感想

☆六つ!
続きが気になる
なるほどです
戦争に正義はないが、本作には小さな正義があった
これがあると
これは、はまったね。
3ケ月、待ちに待ってました。
数あるTOEFLibt教材の中でも一番秀逸です。
残念な出来
4Gは早い
お子さまランチなどではありません!秀作、感動作です
色違いでリピートありです。
まさしく宇宙の帝王!
ps4につかえないんだけどーー!
この本で今度こそいい恋愛をして幸せな結婚を手に入れられそうな予感です。
完成度の高い逸品★
意外といい仕事する
メーカーさん説明をチャントして
好きなことの力って絶大なんですね!
ぼちぼちです
たまに油をちょっとさしましょう
香りが良い。
80年代最も愉快(funny)なバンド
今のクレイジーケンバンドに…
オートバイ用に購入
スピーカーの防水性に難あり
水圧はあります
ゴルフレッスンに必須です。
すぐヘタル
値段が
戻る