単語+数字シリーズの単なる枝葉に過ぎないのか…?
自分はアドベンチャーゲームはシュタインズ・ゲートから入って好きになったので、
5pb作品をやれば似たような雰囲気を楽しめるのだろうなと思い、
カオスヘッド、
車輪の国、
デュナミス15とやっていき、
いずれもシュタゲに劣らず満足が出来る作品でしたので、
今作もまたそれと同等の面白さの体験が出来るのだろうなと思い、
期待して購入しましたが、
CGを100パーセントにするまでやってトゥルーエンドと思われるエンディングを見終えた今の感想としては、
「ああ、
5pb作品で初めてハズレを掴まされたな」という印象

まあそもそも題材が悪かったのかなと。
記憶喪失とか多重人格とか手錠でつながれてるとかはゲームや小説、
漫画等フィクションの世界では使い古されてる手法だし、
シュタゲのような実在しているものを取り扱ってるとか、
車輪の国やカオスヘッドのような他にない独特の世界観とかも今作では無いし

ここから先はネタバレの内容も含んでるので嫌な方は「少なくともシュタゲみたいな神作品ではないから、
あまり期待をせず、
ハードルをかなり下げてプレイをした方がいいんだな」くらいの気持ちでバックしてもらえれば良いと思います

主人公は記憶喪失者ですが、
その記憶を取り戻すのがメインなのかなと思わせるが、
シーナと手錠がつながれてますから自由に行動が出来る訳ではないし、
殺人犯の冤罪から逃げるというのがストーリーの中心になってるので別に記憶喪失にさせる必要はあったのかなと。
主人公も記憶を取り戻したいというよりかは目の前のシーナを助けたい、
守りたいみたいな事ばかり言ってます

ヒロインのシーナも多重人格者ですが、
序盤で口調や性格が明らかに変わってるのに主人公が気弱だし鈍いのでただ慌ててたりで気付かないし敵側にその娘は多重人格者だと指摘されてもシーナを信用しているからあまり深刻に考えず「いやいや、
いい加減気づけよ!」と突っ込みたくなる

物語が進むとひょんな事でバイク仲間と一緒に行動する事になるが、
まあこれが取ってつけた感が半端ない。
ただバイク好きの作者が登場させたかっただけじゃねえのかと思うくらい。
何せこいつらが活躍しないバージョンがトゥルーエンドで活躍するのがキャラ毎のエンディングみたいな扱いになってますしね
DISORDER6 (通常版)

その他の感想

思っていたより大きかった!
痒いところに手が届いた
とにかく無くなるのが早い;
受信感度が低いですが、こんなもんでしょう。
能力は音源次第です。
お金情報が広く浅く
安いけどお勧めです。
惚れるぐらい掘れる
エロ漫画なんだけど、ストーリーが気になる良作。
裏の天皇から表の天皇の手紙妨害された
最高ですわ
68時間で異常加熱
値上げの影響は大きい
商品の寸法
POPカラーバージョンが欲しいな。
アマゾン限定モデルとXD-K4800との違い
ホームセンターで1280円でした。
siroca ノンフライオーブン用グリルストーン SCO-SN300
見栄え・書き味ともに素晴らしい!
お疲れ・・・・
迷いなくざっくりと
最低限の荷物を格好良く収めてくれます
とても面白くて大人がハマって見てしまうほどでした。
ダッシュボードにおけばいつでも紫外線があたり良さげ
つけやすい、可愛い
バランスが
良い買い物でさした。
ノーマルブラシよりも良い
ピッタリでいいですが・・
サナギと化したルイージ・・・
戻る