地図が欲しかったですかね
 自衛隊を、
自衛隊員の視点から見つめてきた著者が満を持して上梓した、
自衛隊員の見た「3・11」。


 突然の揺れで津波に巻き込まれて、
自身が九死に一生を得ながらも震災直後から人命救出を行い、
生存率が急激に低下する72時間壁がすぎてからは遺体収容を行い、
福島第一原発への注水活動にも参加する。
描かれているのは、
躊躇せず、
日頃から求められている仕事に出向く自衛隊員の姿であり、
《「いつか」が遂にやってきた三月十一日、
彼らは戦闘服を着ていても私服でいても、
自衛官に任官したときの宣誓の言葉そのまま、
〈事に臨んでは危険を顧み〉ない「兵士」であうとしていた》ということなんでしょう(p.41)。


 福島第一原発へのヘリコプターからの注水が、
線量の影響から航空機による爆撃に似たような形をとらざるを得なくなっていたことはわかっていましたが、
防護服のヘルメットをなんとか工夫しないとマイク越しの会話も難しい状況下で行われていたということは知りませんでした。
また、
地上からの放水車は航空自衛隊所属のもので、
戦闘機などが事故を起こした際にも、
遠くから放水できるタイプだったというのはなるほどな、
と。
その後も、
海水に浸った集落で遺体捜索をしなければならなかった部隊では、
釘が容赦なく配給された「胴長」の底から刺さったというのも初めて知りました。


 ただ、
惜しむなくは地図がないこと。
地図があれば、
個々の「作戦」がどういうものかということは、
もっとよく理解できたと思います。
それがなかったのは残念だったのでマイナスひとつ星としました。
兵士は起つ―自衛隊史上最大の作戦―

その他の感想

Kaveri AMD A8-7600 も使えます。
手作り好きの人におすすめ
ちょっと特殊な使い方
収容能力は大容量。
前年度のAutoCAD 2013対応版で十分です!
底に穴が
取り付け取り外しが・・・
なんとなくオサレで安価なコンプレッションウェアとしてUnderArmourは最適
青春の曲
若い人、スポーツする人、肉体労働する人、夏場の栄養補給に
たまごっち4uラブ♪
がんばれ日本!
あっか~~ん
本当に取れるが、コツがいる
悪くない。面白いが、使いこなすには手作業では時間がかかりそう。
ソリテア用に。
紙とはさみがあれば贅沢で豊かなきもちにすぐなれる本。
痴呆老人の寝言
便秘=自律神経のバランスの崩れ
モダンで強気、イケイケな若尾文子も良いです
料理教室に行かなくても十分!
水垢落としに
43歳のダンナが使っています(笑)
ゴミ買ってがっかり・・・
自宅で
すまほ、7インチタブレット、iPadと
更にツアーが楽しみになりました!www
結構良くできてる!
手軽におすすめ
ラクチンなパスタが満載
戻る