別冊付録は勉強になる
書店の店頭には日経マネー、
ZAI、
ネットマネーの三誌が並んでいる。

三誌とも株式市場や為替相場をビギナーに解説するのが目的だから記事も似たり寄ったりになる。

ただ、
時々は特集で独自色がでる。
今回は日経マネーがユニークだ。

特集は「家ビジネスで成功する」。
大家になって安定収入を得ようというもの。

割安な中古住宅をローンで購入し、
賃貸に出す。
これは不動産業そのものだが、
果たしてどうか。

読んでみるとどの事例もずいぶんとハードルが高い。
面白いが、
サラリーマンに実行は無理だろう。

退職後に挑戦するのは良いが事業センスが必要だ。
それだけのセンスのある人がどれだけいるか。

リーマンショック前に同じような企画が流行った。
不動産の怖さは金額が大きいことではない。

株と違って撤退が難しい点にある。
損切りは投資の基本だが、
不動産はいざ売るとなると買値よりはるかに低い値しかつかない。

ワンルームの区分所有で投資家同士での転売を事例にあげるのは不適切だ。
これは単なる不動産バブルの一部でしかない。

長期間、
賃貸収入を得るつもりでないと収支を相償うことはできない。
そのことにはっきりとは触れないのはいささかずるい。

むしろ、
役に立つのは別冊付録の「金持ちになれるEXCEL活用術」。
ただ、
これはCD-ROMにした方が良かった。

どう考えても書かれている計算式を入力するのは手間だ。

気になるのは、
これらの計算式を使ってこれまでの記事が書かれていたはず。
手のうちをオープンするのは中々勇気がいる。

研究のし甲斐がある特集です。
日経マネー 2014年 09月号

その他の感想

喜ばれました
教科書に用いたいぐらいの良書
仕方ない
金融業界ならではの視点
分解能は1ルクスです
素晴らしい商品です
キャッシュも含めて。低発熱で高速で文句無し。
貴重なシロモノです
十分でしょう。
波乱万丈
地デジが、、、、
明るい淋しさ
綿100%に惹かれて
ボリュームばっちり!キュウレンジャーたちの声に大喜び
ガラポン抽選玉
網羅的にポイントをおさえた教科書
第1巻は鈴木みその電子書籍(電書)成功譚を元にした物語
互換品で充分
ふたりの女性へのレクイエム
削除しました。
前作よりグッと内容の濃いゲームに。その自由度は子どものみならず、大人も十分楽しめます。
シュフトの手元側・・・良いね
プロ・学校向け
買ってよかった
普通に使えています。
不安定で使いづらかったです。隙間専用ならいいかも
女性でも大丈夫
R1ボタンを離さない。僕の魂ごと離してしまう気がするから…
画像のようにはなりません。
なかなかだがスポンジが
戻る