村岡花子の肉声が聞けます。SP盤の復刻歓迎。
 村岡花子がSP盤に遺した昭和8年(花子40歳)の童話「利口な小兎」(花子作)の朗読から昭和15年の童謡物語「つくしんぼの旅」(童謡「靴が鳴る」の作詞者の清水かつら作)の朗読まで9作品を収録しています(発売会社もコロムビア、
ポリドール、
ビクターと3社にわたっています)。
SP盤の収録時間の関係か1作品7分弱です。
朗読は標準語で花子の語りには訛りはありませんが、
収録時間の制限からか、
子供の聞き取り能力を考慮すると、
やや早く読まれています。

  昭和のNHKラジオの人気コーナー「子供の新聞」(こどもニュースのような番組で『子供の時間』毎夕6:00〜6:30のなかでの生放送)の評判が生んだ朗読レコードでした。
昭和7年に始まった花子のラジオの仕事は昭和16年の日米開戦をきっかけとした辞表による終了までほぼ10年間続いたそうです。
「ごきげんよう、
さようなら」はこの番組の決まり文句(NHK『花子とアン』ではナレーターの美輪明宏さんの定番になっています)。
収集家・保利透の解説によると子供用の朗読レコードは大正時代に勃興し、
創作童謡の広まりと呼応して童話の読み聞かせ(口演童話)が確立、
戦前には趣向をこらして発売されていたといいます。

  本CDにも「フランダースの犬」(昭和11年)のBGMには「オクラホマ・ミキサー」や「アニー・ローリー」がアレンジされていますし、
童話劇「アリババ物語」(昭和14年)には作詞家・大村主計(童謡「花かげ」「絵日傘」)と当時コロムビアの専属作曲家・佐々木すぐる(童謡「月の沙漠」)の物語唄(歌手はコロムビアの童謡歌手の高橋祐子)が存分に挿入されていて、
本CDでもっとも聴きものの音楽劇となっています。

 NHKの朝のドラマで『赤毛のアン』を翻訳する以前のこの頃の花子がどう描かれますか、
興味津々ですね。

 【追記】8月18日第121回より「ラジオのおばさん誕生」としてご近所の子供たちにおはなしをしてあげていた花子がJOAK(NHK東京放送の前身)ラジオで視聴者に向けて話し始めるエピソードが描かれます。
花子からおはなしのおくりもの

その他の感想

市販弁当2つ分
満足の買い物でした!
冷凍フライドポテトが美味い〜!
「新しい面白いもの」を見つけよう
貴重な記録
省スペース耐火金庫
安くて綺麗ですね。
新しい感覚!
やっぱり、決め手の一冊でしょう!
今までに無い発音本
DI-AD1SとDI-BD1Sの違い
共感させられました。
足固めに低学年から。
OKです
少ない雪の時のグリップは抜群!
モラハラ被害者、モラハラを学びたい人、必読の書
もっちりして美味しいです。
スイングが固まった中級者以上にオススメ
収納時サイズ、重量がネック
二つ購入して、二つとも不良品。部品も華奢で酷いでき
初めて仏教書を読むかたに最適の一冊
塗り辛いです
この世から逝く人、また見送る人のために書かれた慈愛に満ちた指南書。
前に使ってた半透明のよりも長持ちで、見た目も良いです
最初に買うならコレ!
やっぱりこの四人は最高。
カルマー
海自指揮官の震災
とても快適です!!
平凡っぽく聴かせてくれるところがすごく良い
戻る