笑いあり泣きありのぷよぷよ。
 コンパイル時代からいる有名なぷよぷよキャラクターが繰り広げる話を聴くドラマCD。

 今回はアミティとどんぐりガエルが名前で登場する以外は、
最近のキャラが一切出てきません。


【願いの魔人】
 ダンジョンを探検するのは久しぶり、
という発言が時代を感じる。

 道中でお馴染の面々と遭遇し、
最深部で『どんな願いも叶える願いの魔人』が封印されている壺を見つけるが……。


【ぷよぷよ童話シリーズ】
 桃太郎をぷよぷよメンバーで演じる。

 だが、
最初のお供を探しに行く段階で物語通りではなくなっており、
やはりぷよぷよのノリで話が進む。


【ドラコの見た夢】
 すけとうだらとドラコケンタウロスが主役。

 ドラコが美少女コンテストの優勝にこだわる理由と、
二人が仲良しという様子が描かれる。

 ほのぼのする。


【小さな大騒動】
 それまでとは変わってシリアス路線。
満月の夜に起こった騒動とは?
 アルルに魔法をかけたのは『踊りといたずらが好きな(自称)カワイイ妖精』。

 どこかで聞いたことのある特徴は、
昔のゲームを知っているプレイヤーなら思わずにやりとしてしまうはず。


【その他】
 おまけボイス。
目覚ましや挨拶、
励ましのボイスなどが収録されている。

 アルル、
カーバンクル、
ルルー、
シェゾ、
サタン、
すけとうだら、
ドラコの7キャラが各ボイスを担当しているので、

CDを録音した時のトラック数がかなり多くなる。


 総じてサタンの自由ぶりが目立つ。

 しかし、
話の鍵になるのはシェゾやウィッチで、
ときどきルルーという具合。

 すけとうだらとドラコが登場するのは事実上トラック3だけで、
次のシリアスな路線では人型キャラだけでの進行となる。

 ゲーム本編より台詞回しがかなり上手く、
2周しても飽きない内容なので評価4。

 本編もそうだがおまけボイスも魅力的なので、
出るのか不明だが次回作にも期待したいところ。
ドラマCD ぷよぷよ

その他の感想

ダウン寸前のおまけ(苦笑)本編は充実。
基本的な電気ストーブです。使用目的にあっていればこれでも充分。
このシリーズについてる本の各部の名称がついてないが
遅れて到着しましたが良いものです。
内容は素晴らしいのに
やばすぎる
サイズはいつも通りで
HDDのバックアップ、入りきらなくなった大容量ファイルに。
ラストアクションが蛇足に感じるくらいには
素晴らしい品です。ディズニー用にオススメ
気軽に使えます☆
思いの他簡単に研げる鋏用砥石
個人的には、重量車との相性は比較的良いと感じます。
なかなかおしゃれな ” ストレーナ ”
滑り感は極上、タッチ感度もよい
手芸をはじめ多種の使用に対応できます
定番で楽しみにしています
1杯あたりのコスト
案外取り付けが難しい?
リスニングのCDなし
銀の皿
1巻2巻に引き続き
キャラとサゲ
見ていて飽きない一冊
この冷感はすごいです。吸収力もすごいです。
本当ですか?
動かしていて楽しい、よくできている2Dアクションゲーム
キーボードをつけると重さ倍増
作成のノウハウがぎっしり詰まっていた。
ボタンの質と取り付け
戻る