思わず長文レビューになってしまったくらい好き
前作「ROLLY&谷山浩子のからくり人形楽団」にハマった私は、
どうしてもライブを見たい衝動が抑えられず
普段しない遠征をして横浜へ行った。
(横浜BLITZの横が「すずかけ通り」だったから横浜に行きたかった。

谷山さんは体調を崩されていて万全の声ではなかったけれど
「そっくりだけどちょっと違う谷山2号です」と笑わせながら、
喉に注射を打ってステージに立っていた。

そのプロ根性と心意気と懸命な歌声に感動した。
30年近くずっと好きで、
でも初めて生で見た谷山さんは
やっぱり私の好きな谷山さんだった。
行ってよかった。


このアルバムにはそのとき披露された曲がたくさん入ってます。

まさかこの曲をやるとはー!!と、
あの日度肝を抜かれた「しっぽのきもち」(ほんとにビックリした)
原曲が好きで、
でもこの曲好きって言ったら引かれるんじゃないかと心配で誰にも言えなかった「手品師の心臓」
合うと思ってたから聴けて本当に嬉しかった。

さらにはROLLYさんのオリジナル「KARAKURIBOY」(白い三つ折りソックスのイメージとか言ってはりました)
谷山さんの既存曲、
卍の曲、
からくり人形楽団としての谷山さんの新曲、
ROLLYさんの新曲が
めいっぱい入ってます。
盛りだくさん!

さらに個人的に中学生の頃よく聴いてた(どんな中学生だ)「あやつり人形」が入ってるとは!!嬉しい!!
今回も谷山さんによる全曲解説がついてますが(これがさっぱりした文体でおもしろい)
それによると谷山さんの曲で一番シャンソンっぽい曲なんだそう。
(そうだったのか…)
アコーディオン+ピアノ+エレキギター+シャンソンの組み合わせが絶妙でおもしろい。
めっちゃオシャレ。

音楽っておもしろい。

このアルバムのあっちこっちにそんな新鮮な解釈が散りばめられてて驚きます。

ROLLYさんの天才が炸裂してます。

「不眠の力」は特に素晴らしい。
圧巻です。

私、
すかんちもものすごく大好きなのですが、
「渋いおっちゃんの声」から「色っぽい声」まで
暴虐のからくり人形楽団

その他の感想

楽曲分析による「交響曲入門」
感動しました!!!
ガッカリ本でした・・・
元気に育ってます
キル・ザ・キング(Kill the king)がライブ版仕様
う〜ん;;;;;
全てがスタイリッシュ
これは必要
人類の悲劇
ドライヤーの面倒くささがなくなりました
予想外!
カーディガンというよりコートですね♪
簡単…ではないです…
あくまで応用編です。
私の家族は私が守らなければならない
同シリーズに華を添える小品
ナビについて
入門シリーズは視野を広げる
コンバース好き
かなり遅めのDSデビュー!
バイヤー
純正品なので問題なし
iPhone5sで使用しています。
扱いはちょいと難しい榛名さん^^;
やはり日本製!
普通の主婦…じゃないでしょう
どこまでも心地よい読後感
私が求めていた百合はここにあった
気軽には頼めない。
全国民必読!
戻る