日本人らしく西洋と対話することの重要性を説く著者の健全な持論に心打たれた
 私の好きな文筆家の川口マーン惠美の最新刊。

 およそ30年ドイツ・シュトゥットガルト在住の著者が日独の文化や制度の違いについて綴った一冊です。


 海外生活が長いと、
「外国は優れている、
それに比べて日本はダメだ」といった論を展開する人が多いかと思うのですが、
この著者はむしろ「ドイツはこんなところがダメだ、
それに比べて日本はここが優れている」という点もきちんと指摘していきます。
大変健全な国際感覚に好感を持ちました。


 例えばドイツの学校制度ではわずか小学4年生時点で大学進学を目指す子どもたちとそうではなく職人を目指す子どもたちに区分されてしまいます。
職人制度がかつてほど尊重されないドイツ社会で、
後者の子どもたちが社会的に転落してしまっている現状を著者は綴ります。

 一方、
日本の子どもたちは学校で、
ただ単に勉強するだけではなく、
一緒に給食をとり、
教室を掃除し、
クラブ活動などを通して、
社会制度を身につけて行く。
その点を高く評価してしかるべきだと言います。

 また、
タイトルにあるようにドイツ人のサービス業の“サービスのなさ”も詳細に指摘しています。
ドイツ人は伝統的にサービス業が尊敬されず、
サービス業に従事する人々は機会あらば足を洗いたいと考えている。
だから人材が集まらないのだとか。


 しかしもちろん著者は日本人がドイツ人に比べて主張することを苦手としている点については苦言と提言をしています。


 「我々は『闘争』がきらいなのだから、
そんな土俵に100パーセント上がらなくて済むなら、
そのほうがずっと楽だし、
建設的でもある。
優しさと強さが表裏一体だということも、
体験的に知っている。
今さら誰かに鼓舞されるまでもなく、
古来より常に友愛主義者だった。
それを変える必要など一切ない。
ただ、
そこに、
私たちの能力に見合っただけの毅然とした主張を付け加える時期が来ただけである。
」(247頁)

 日本的な奥ゆかしさや周囲への配慮の心根を決して捨てるわけではなく、
それでも西洋社会ときちんと対話をすることの必要性を説く。
極端な西洋化に走ることを戒めながら、
より高みへ日本人らしく登るための著者の主張にしなやかなさに心打たれました。
サービスできないドイツ人、主張できない日本人

その他の感想

設定がかんたんではないです
3DSなどに貼る
夏のゴルフにピッタリ
感嘆のため息が出ます。
99歳の祖母に
東京の友達の誕生日プレゼントに…
とても分かりやすい産科のテキストです
わかりやすく書かれてます
ついつい買ってしまいました
細かいミストが出てくるが、逆さでは使えない。
飲みやすい!
歯磨きには何の支障もなし。使い続けます。
スチームが毛玉ブラシアタッチメントに溜まりやすい
これはスケッチブックを買うより良いのではないか?
やる気のでる本
ちゃんとした紙
緩む
十分明るいです。 フロントウィンカー用に使っています。 でも改造しました。
ページが薄くて裏に写る
生き物に見えてくる????
サイズが…(泣)
箱根学園のキャラの性格が悪くなっている
期待通りの「そこそこ」
ホワイトはとても明るい!!!
メガネが手放せないド近眼の人に…
オケコンにいけばよかった、そう思わせる逸品です
不良教師vsチンピラ弁護士の兄弟喧嘩
使用する箇所をちゃんと測って購入すべし!
価格以外は満点
歌とは。
戻る