人間の心理から考察するマクロ経済学
本書では雇用量の決定のメカニズムが分析されている.本書によれば,1消費性向と,2資本の限界効率,3流動性選好という3つの要因によって雇用量は決定される.その中でも題名にあるように,利子と貨幣の問題が関係する資本の限界効率と流動性選好に関する分析が徹底的に行われている.これらの要因を重点的に考察することによって,貨幣経済における経済問題の特徴をより明確することができたのが本書の大きな貢献であろう.また,上にあげた3つの要因はすべて人間の心理を対象としており,そこからマクロ経済のメカニズムを描き出しているところに筆者の偉大さを感じることができる.
The General Theory of Employment, Interest and Money (Timeless Wisdom Collection)

その他の感想

学者らしい回顧録
キャラゲーですね。
iPadを仕事に使うとしている人には必読書
箱タイプだとだんだん飲みづらくなるんですが
「劇的なプレゼン」に参加してきました
噂に違わず…
プロパガンダ・・・特定の政治的目的を持った宣伝
472XVB-18 36 白
待ちどおしいぶん
ウルトラQ
サイズが違う
まだ使ってませんが、切れ味は良さそうです。
ワンダースポットはまだまだいっぱい!!
改造して音が消せました
アウトカム基板方教育の理論と実践
なぜかカロリー表示が
野球ゲームの最高峰
たしかに腕周りがタイトです
プライベートユースに最高のスペック
思ったより輝きがなかった(’・_・`)
喜ばれる商品
漫画感覚で軽く読める。結婚式準備にピッタリ。
ごった煮
日本にないサイズのパイプ車庫
このくらいの単語は知ってなきゃ
理解可能なのか?
トピカルな話題だが、掘り下げに不満
魚の習性つき解説
JUJUはこのアルバムがgood
レビュワー全員、これ1件だけ評価
戻る