水島上等兵が愛した国。「アジア最後のフロンティア」
ミャンマーは、
長らく、
「軍事独裁政権が運営する仏教徒による社会主義国家」として独自の道を歩んできた。
中国に支援された軍事政権は、
「民主化の敵」として前世紀の遺物のように国際社会から批判されてきた。

実は、
日本現代史にとって、
ミャンマーは、
歴史的に忘れがたい土地なのだ。
この地から、
中国の昆明に「援蒋ルート」が通っていたからである。
ドイツに唆されて始めた「上海事変」で引っ込みがつかなくなった蒋介石に英米は、
「援蒋ルート」による軍需物資の提供と対日徹底抗戦を勧めた。
だから、
ここを遮断しない限り、
日本の中国での勝利はおぼつかなかった。
同様に、
戦後の共産党中国にとっても、
このミャンマーを強い影響下に置くことはインド洋への進出のために不可欠のことだった。

「アウンサンスーチー女史」の父、
アウンサンは、
当初は日本に保護され、
「南機関」を率いた鈴木敬司大佐と協力して反英独立運動の志士として活動した。
西郷隆盛を尊敬し、
日本人には「オンサン」と呼ばれた。
インパール作戦の失敗で日本の敗色が濃くなると、
密かにイギリスに近づき、
日本撤退後の独立運動に備えた。
しかし、
破廉恥漢ではなかったことは、
1947年、
鈴木大佐がBC級裁判にかけられようとしたとき、
猛烈な国民運動を起こして「恩人」を釈放させた一事をもって分かる。
結局、
イギリスに憎まれ、
イギリスが復活させた政敵ウ・ソォに32歳の若さで暗殺されるのだが。


このミャンマーが、
今、
大きく変化しようとしている。
中国から離れて米日に接近している。
著者によれば、
人口6200万人のこの国は、
人件費が中国の六分の一であり、
巨大経済特区が今動き出そうとしているという。
郵便、
電信、
鉄道、
新幹線、
その他立ち後れたインフラ整備に力を注ごうとしている。
「アジア最後のフロンティア」と呼ぶにふさわしい状態であるという。
ミャンマー 驚きの素顔 現地取材 アジア最後のフロンティア

その他の感想

友人へのクリスマスプレゼントにしました。
美しく音楽を聴きたい人におススメ
女性にはごつく感じるかも
足のむくみ
インドネシア製品も価格が安く良い品質です。
概念はよくわかった。
洋楽がラジオで流れていた頃のヒット曲を懐かしい思いで聴いています
初心者にはちょっと難しい・・・
これはオススメです!
翻訳が悪い?
GoProユーザー必須アイテム
「今」にこだわった?
今月号のテーマは「お茶(日本茶・紅茶・台湾茶)」です。
皆んな真面目にやってるのに(けど)喜劇になってしまう独創世界
流石ローランド
ちょっと自分の手には小さいのを除けば満点
建築士
回すのは疲れるので
屠場の文化
安心
太っ腹なレシピ公開
nice shoes
思ってたより良い
万能炊飯土鍋
和弓の練習用に!! いつでもどこでも練習できます!! 
絶望??いやいや…
敵は内側にあり
暖かさがいい!
癒される写真
良い買い物出来ました(つω`*)
戻る