日本再興の指標なるべき本
作者は、
金権政治の権化のようにいわれ、
ひっそり表舞台から去った。
この書物も、
「金権のバイブル」と呼ばれて、
政策本から葬りさされて久しい。
しかし、
本書は、
「不世出の政治家」と呼ばれた作者が長年にわたり発想した各種政策の集大成としてまとめられ、
「政策の源泉」となりうる名著である。
作者の事件と本書を分離して読むことは難しいとは思われるが、
現在の日本の問題点を解決するヒントを得られる書籍である。
秋の夜長を過ごす友としたらどうだろうか。
日本列島改造論 (1972年)

その他の感想

なぜなぜのあるある
有り難うございます。
説明はきちんとありましたよ
SACDやDSDの入門機としてCP良し
Fujinon XF23mmF1.4Rに
スーパー農民「明雄さん」
地元の弱小店舗でも応用できそう。
安心感・使い勝手ともに良好
バケツ
蓋が固くて困っています!
本当に音が良い
まあまあいいと思います。
PowerPCでは使えません
最安価
表紙絵最高
姿勢が良くなります。速攻。
早めに読むべき
親の反対はわかる
マキタやるねー
ウインタースポーツにおすすめ
柔らかくて使いやすいです
ミニサイズのセット集
かつての「鎮守府生活のすゝめ」の一部を簡潔にまとめてる
保冷キープ時間がやや物足りない。
やはり面白い。久しぶりに小説を一気読みしました。
満足しました!
やっぱりリーダーは大変です・・・
ドラマ版とは一味違った舞台の迫力が非常に良いです!!
裏もOKだけど
寝つきが良くなりました スマートキャンドル(トールグラス)と比較しました
戻る