トリビアだけでなく、けっこう真面目な内容
生薬トリビア本かのようなひと目を引く表紙であるが、
中身は学名から構造式から載っており、
「生薬学のテキストがモノクロでつまらない!イメージわかない!」と思う人はサブテキスト程度の間隔でもっていてもいいかもしれない。

著者はサイエンスライターという肩書きから、
生薬学の専門家ではないようなので、
監修者は別に存在するのだが、
「テキストとするにはちょっと・・・」と思う方には、
やはりサブテキストとして扱う、
あるいは、
ハーブ好きな方が読むには、
記述も平易なので、
一冊あればお役立ちかもしれない。


生薬のテキストにはない、
こぼれ話や言葉の由来などが細かに書かれており、
読んでいて楽しめる。
生薬単―語源から覚える植物学・生薬学名単語集

その他の感想

人によりけり
地震が少し心配
お世話になりました。
使える参考書
強い意思と心意気を感じます。
色々やって一番効果あり!
ホルムアルデヒド対策に良い!
6200kで十分白い、コスパ、ドレスアップ感、バランス良いです
強く叩こう
耐久性に疑問!?
質感、使用感共に素敵です。
なじみやすい!!
見た目は、普通
和風の名刺が手軽に
労作『日本の路地を旅する』の副産物とも言うべき著作
早々に受け取ることができました。
結構深い
ボタンが、、、?
6Gbpsでも動きましたけど
お茶の葉に欠かせません
予想以上にいい
これ一冊で大丈夫
><
しっかりした記事ですが予想以上に縮みます
懐かしいイケメンコンボイ
キツい。
この値段はお買い得
この本は最高
う~んうるさい。
愛用のペン
戻る